人民日報「靖国神社はアヘン」

 中国共産党機関紙の人民日報は23日付紙面で、昭和天皇が靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に不快感を示していたとされるメモが見つかったことに関し、靖国神社は日本の「軍国主義者」が大衆を洗脳するために使う「アヘンだ」と批判する署名論文を掲載した。

 人民日報は、昭和天皇の発言について「A級戦犯の合祀に強烈な不満を示したものだ」と指摘、「メモが明らかになったこの機会に、日本は天皇の真意を真剣に受け止め、軍国主義の芽を摘み取るべきだ」などと警告している。

 中国各紙は日本で天皇が不快感を示したと伝えられて以来、小泉首相の靖国参拝自粛を迫る記事を繰り返し報じている。

(2006年7月23日 ニッカンスポーツ)

 ええっと、問題になっていたのは「靖国神社にA級戦犯を合祀している」点じゃありませんでしたっけ?。いつから靖国神社自体が問題になったんでしょう(ニガワラ)>中国共産党ご一同様。

 まあ、宗教をアヘン扱いするのは、体制的にデフォルトなんでしょうから別にいいですけど…ところで、そちらサンは反日を大衆を洗脳するために使うアヘンにしてませんでしたっけ?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です