久間防衛相が辞任=原爆発言で引責、安倍首相も了承

 ♪ 失言するなら 文月はおよしよ 選挙が近すぎ~る

悪女

悪女

 もっとも「余裕」がありすぎると、なまじ擁護されて守られた挙句に晩節を汚すことになるという諸刃の刃。覚悟と頭の足りない閣僚にはお勧めできないけど。

 参院選直前と言うこともあって、早々に見捨てられた久間防衛相。今回に限らず、常より現役閣僚としてはTPOを弁えない言動が多い&寸足らずなキャラクターでしたので、自爆&自業自得な末路ではありますが、一連の経緯を見ているとちょっと可哀相でもあったり。最後の開き直り&プチ逆ギレ会見に苦笑しつつも合掌。まあ、彼の場合、この自爆が無くても、早晩、防衛利権絡みでアレだったでしょうがね。

 で、後任は、国家安全保障担当補佐官の小池百合子女史。あと数ヶ月(数週間と言った方が正確か?)な安倍内閣で何が出来るわけでもないし、現在の肩書きからすればまあ妥当なスライドではありますかね。とは言え、ここのエントリーでも書きましたが、この人に安全保障問題任せられるとは全く考えておりませんので、選挙が終わったら早々に身を引いて欲しいと切に願うばかりであります。

 久間章生防衛相は3日午後、首相官邸で安倍晋三首相と会い、広島、長崎への原爆投下を「しょうがない」と発言した問題について「長崎市民の理解も得られていない。一つのけじめとして辞任する」と述べ、責任を取って辞任する意向を表明した。首相も了承した。与党内からも自発的辞任を求める声が出ており、参院選への影響が避けられないことから、久間氏は辞任に踏み切った。

 久間氏は会談後、記者団に「(辞任は)きょうの昼、一人で決めた。参院選への影響を考えた」と語った。

(7月3日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です