中国の聖火リレーでゴミの山、マナーまでは統制できず

 長野のリレーの時は、応援団とは別に組織していた清掃部隊が応援団の後始末をしていましたが(リレー直後の惨状をあの短時間で修正する技術はいっそ見事)、自国内全てのリレーそれも長距離の「修正」は流石に無理だったか?。それとも「国内の恥はかき捨て」か?。

 いずれにしても「五輪は内容よりも見た目が大事」という中国当局のポリシーが透けて見える事件ではありますね。

 【北京=佐伯聡士】中国南部・広東省の地元紙「南方都市報」(電子版)は9日、同省広州市で7日に北京五輪聖火リレーが行われた際、沿道の草木が踏み倒され、ゴミが散乱するなど、観衆の悪質な行為があったと伝えた。

 中国国内の聖火リレーは、チベット暴動鎮圧に抗議して妨害行為が相次いだ海外と異なり、管理された「愛国主義」による祝賀ムード一色の中で展開されているが、マナーの悪さまでは完全に統制できないようだ。

 同紙によると、観衆の中には、鉄柵を曲げて植え込みに入り、草を踏み倒し、沿道の木に登る者が相次いだ。リレー終了後は、辺り一面に、折れた苗木の小枝や、声援を送る際に使った無数の紙製の中国国旗、ゴミなどが散乱。翌日、わずか100メートルの距離で集めたゴミは車2台分になった。

(5月10日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です