中国お得意の内政干渉&外交圧力キタコレ

 Google騒動が最後の藁一本になるとは想像しなかったけど、ある意味米中らしい喧嘩だ(笑)。それはそれとして、台湾ごめんなー。日本の鳩山政権が普天間問題で下手打ったために、そっちにも負担をかけてしまってごめんなー。

中国、米の対台湾兵器売却計画を即時撤回するよう要求

 中国外交部の何亜非副部長は30日、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)システムを含む総額64億ドルの最新兵器を台湾に売却する米国政府の方針に対し、ジョン・ハンツマン駐中国米国大使に、厳正な交渉を提起した。中国国際放送局が伝えた。

 何亜非副部長は、「米国が中国の抗議を無視し、台湾への兵器売却を決定したのは、米中間の三つの共同声明、特に『八・一七』共同声明の原則に背き、中国の安全及び平和統一事業を著しく損なう行為だ。われわれはこれに強く憤慨し、厳正な交渉を提起する」と述べた上で、「今回の兵器売却計画は、両国の各協力事業に大きな影響を及ぼさざるを得ないだろう」と指摘した。

 何亜非副部長はさらに「今回の決定を即時に撤回し、台湾への兵器売却を中止するよう米国に要求した。(編集担当:村山健二)

(1月31日 サーチナ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です