ロシアのプーチン大統領、「10年前の政敵」ミハイル・ホドルコフスキーに恩赦

f:id:kagura-may:20131127212620j:image

 「具体的に言えばアゾフ海くらい」

 報道をよく読んでみると、大統領自身は全く損をしない取引と計算の結果なんだよな。さすがは、プーチン朝ウラジーミル一世陛下やで。おっかない。

元石油王を釈放=プーチン大統領が恩赦令―ロシア

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は20日、元石油会社ユコス社長ミハイル・ホドルコフスキー氏に恩赦を与える大統領令に署名した。弁護士らによると、同氏は北西部カレリア共和国の刑務所から即日釈放され、空路ドイツに向かった。病気療養中の母親と面会する見通し。

 ロシア大統領府は声明で「人道上の観点から、ホドルコフスキー受刑者をさらなる禁錮刑から解放する」と説明。ロシア国営テレビなどによると、大統領令は署名後すぐに刑務所に発送された。

 プーチン大統領は19日、モスクワでの内外記者会見後、ホドルコフスキー氏から恩赦を求める嘆願書が届いたと発言。「近く恩赦を認める大統領令に署名できる」と約束していた。

 関係筋が20日付のロシア経済紙コメルサントに語ったところでは、治安機関員が最近ホドルコフスキー氏の元を訪れ、母親の病状と同氏のさらなる刑事訴追の可能性を説明した。罪を認めて恩赦の嘆願書を書くよう心理的圧力をかけた可能性があるという。

 ホドルコフスキー氏は2003年10月に逮捕され、05年9月に禁錮8年が確定。別件でも実刑判決を受けるなどし、刑期が10年10月に膨らんでいた。社長を務めたユコスは解体され、国営石油会社ロスネフチに吸収された。 

(12月20日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です