ミラーマンの反応を聞きたい週刊東洋経済編集長痴漢事件な件について

 「週刊東洋経済がとんでもない大スクープ特集を公表予定だと、悪の組織(笑)が察知。編集長を無理矢理酔わせて電車に押し込み、痴漢被害者役と取り押さえ兼証人役の手下を彼の周りに乗り込ませ、程良いところで痴漢騒動をでっちあげることを画策。陰謀は見事成功し、悪の組織は編集長を官憲につき出すと同時に、大手メディアへ情報提供。これを無言の警告と受け取った東洋経済は、急遽スクープの公表を中止へ」。これが今回の事件の真相だ!。

 過去の自分の冤罪主張なり言い訳を正当化しようと思ったら、こういう↑電波な擁護をかましてもおかしくないよね。植草一秀センセイってば。

週刊東洋経済の編集長を痴漢で逮捕 「酔って覚えていない」と否認

 電車内で女性2人の体を相次いで触ったとして、警視庁大森署は、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、経済誌「週刊東洋経済」の編集長、三上直行容疑者(46)=横浜市磯子区峰町=を逮捕した。三上容疑者は事件当時、泥酔状態だったといい、同署の調べに「酒に酔っていて、よく覚えていない」と容疑を否認している。

 同署の調べでは、三上容疑者は17日午後11時過ぎ、JR京浜東北線の品川駅-大森駅間を走行中の電車内で、20代と30代の女性の尻などを次々に触った疑いが持たれている。

 居合わせた乗客が三上容疑者を取り押さえ、大森駅で駆けつけた同署員に引き渡した。

(2月19日 産経新聞)

 まあ、真実がどうであれ、東洋経済自体が委縮する必要はない訳で。「雇用融解」のような気合の入った本を今後も出し続けて欲しいと思う次第。

 ここで「【MAD】Walpurgisnacht【魔法少女まどか☆マギカ】」を紹介。


D

実際、こういうルートがあったのかも知れない。…ほむほむじゃなくてもリセットしたくなるわ。これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です