マザーズ上場のICF、株交換で不正か…利益20億円

「梁山泊」元社長ら7人を逮捕、株価つり上げ容疑

元ライブドア・榎本さん、宇宙旅行取りやめ

 いよいよ、表のソースにも本格的に名前が出始めましたね>「梁山泊+川上八巳+榎本大輔氏絡みの」アイ・シー・エフ(現・オーベン)不正取引疑惑。先の手入れからざっと10ヶ月。長かったのか短かったのか…(しみじみ)。

 漏れ聞くところによれば、関連して沖縄の某怪死事件についても「何らかの進展」がありそうな雰囲気とのこと。ぶっちゃけICFについてはどーでもいいですが、沖縄の方は是非、再捜査&真実の公表をお願いしたいものです。

 東証マザーズ上場のネット関連企業「アイ・シー・エフ」(ICF、東京都港区)の旧経営陣らのグループが、不正な手段で株式交換による企業買収を行って大量の自社株を発行し、多額の売却益を上げていた疑いのあることがわかった。

 証券取引等監視委員会と大阪府警は2005年に行った大阪市の広告会社との株式交換について、金融商品取引法違反(偽計)容疑で立件する方針だ。旧経営陣らは同様の手法で計16社を買収し、20億円以上の利益を得ており、取引の全容解明を進める。

 株式交換を悪用した不正取引では、ライブドア事件で堀江貴文被告らが関連会社の旧バリュークリックジャパンによる出版社買収の際、バリュー社の株価をつり上げて利益を得る目的を隠し、虚偽の決算情報を公表したとして偽計などの疑いで逮捕、起訴された。

(1月20日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です