ベンチャー企業間トラブルの真相は株主に確認すると良い件について

 GMJには、池銀の神戸大学ファンドとか、いくつかVCがカネを入れていたろ。とりあえず、そいつらの意見を聞きたいね。どっちが「より悪質」だったかを。

「事業丸ごと乗っ取られた」神戸大発ベンチャー、熊本大発ベンチャー提訴

 動物実験で薬剤の効果を確認する「非臨床試験」の受託事業を担当する研究員ら全員を引き抜かれるなどしたため事業が成り立たなくなったとして、神戸大発の医薬品開発ベンチャー「GMJ」(神戸市)が、熊本大発ベンチャーで試験薬開発などを手がける「トランスジェニック」(熊本市)=東証マザーズ上場=を相手取り、計約4億円の損害賠償を求める訴訟を神戸地裁に起こしていたことが7日、分かった。大学発ベンチャー同士の引き抜きをめぐる訴訟は異例。

 GMJ社は平成15年に設立。非臨床試験受託や実験用サルの輸入販売事業を手がける。トランス社は10年に設立。14年に東証マザーズに上場し、神戸市内などに研究施設を持つ。

 訴状などによると、両社は22年9月から非臨床試験受託事業で業務提携。GMJ社が持つ実験技術などを双方の薬品開発に生かす内容だった。ところが、15人程度の社員のうち、今年3~4月にかけて、GMJ社の非臨床試験受託事業の本部長を務めていた元副社長や研究員計5人が相次いで退職し、直後にトランス社が雇用した。

 GMJ社側は「元副社長らがトランス社と共謀し、事業の乗っ取りを画策した。製薬会社からの受注も奪われた」と主張。元副社長やトランス社の社長を背任罪で刑事告訴することも検討しているという。

 一方、トランス社は同社のホームページにこの訴訟について「退職理由は従業員への不当な処遇などによる自発的なもので、損害賠償請求は合理性を欠く」と記載。産経新聞の取材に「研究チームにパワー・ハラスメントがあり、結果的に全員が退職に追い込まれた。訴状の内容やGMJ社の主張はまったくの事実無根だ」としており、全面的に争う方針という。

(10月8日 産経新聞)

 つかさ、この2社のトラブルって、一月前には既に訴訟沙汰になってたろ?。なんで今頃新聞&ネット記事になったんだ?。なーんかさ、誰とは言わんけど「痛い目に遭った誰かさん」の意趣返し&法廷戦術の一環としか思えないんですが。そんなんだから以下略。

 ここで「PS3 アイドルマスター2 カタログ創刊号 PV」を紹介。


D

スティーヴ・ジョブズも逝ってしまった。仕事も面白くないし、気分盛り上がらないなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です