ピカソ名画に「穴」…史上最高額の売却予定、ご破算に

 【ロサンゼルス=古沢由紀子】絵画としては史上最高額の1億3900万ドル(約164億円)で売却される予定だったピカソ作品に、米国人の持ち主が誤ってひじで穴を開けてしまい、売却は取り消されたことが18日わかった。

 AP通信などが伝えた。

 破損されたのはピカソが1932年に恋人の姿を描いた「夢」。ラスベガスの「カジノ王」として知られるスティーブ・ウィン氏が所有していたが、今月初旬、事務所で知人に絵を見せていた際、右ひじをキャンバスにあて、直径数センチの穴が開いた。

 同通信によると同氏は視力に障害があり、手を動かしながら話す癖があったという。

 ウィン氏は「夢」を1997年に4840万ドルで購入。別の収集家への売却予定額は、今年6月にクリムトの絵画に付けられた1億3500万ドルを上回り過去最高だった。

(読売新聞) – 10月20日

 まあ、自分がやっちまったことだし。諦めるしかないですね。終生大事に持ってないさいbyGODと言うことなんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です