ハゲタカとクローザー

♪ 交わした約束は反故に 申し出は聞かない

♪ 売国のクローザー へつらいながら客の顔 ちらり盗み見ては目をそらす 

song by 目先の金に魂を売った「黒い目をしたユダヤ人」売国奴に災いあれ

 今回の一件、ビジネス行為としては問題無し。しかし、これが連中のやり口だということは肝に銘じるべき。特に、カー○イルのような外資系PEから安易に資本参加を受けようなんて考えている経営者達は。

<ライブドア>取締役5人退陣 新人事案を株主総会に提案へ

 ライブドアは24日、平松庚三社長を除く取締役5人全員が退陣し、新たに外資系投資ファンドなどが推薦する4人を取締役として迎え入れる役員人事案を12月下旬の株主総会に提案する方針を固めた。合計で発行済み株式の約50%を保有する複数の外資系投資ファンドが推す経営陣が主導権を握る方向だ。これにより、同社の資産売却が加速する可能性が高まってきた。

 ライブドアの取締役は現在、平松社長らライブドアグループからの常勤3人と、社外取締役としてUSENから宇野康秀社長ら2人、ソニー元役員1人の計6人。堀江貴文前社長ら前経営陣による証券取引法違反事件を受け、今年6月に就任したばかりだった。新人事案は、外資系投資ファンドやUSENの宇野社長が要請しており、総会で可決される見通しだ。

 同社は収益の大半を稼ぎ出す金融部門を売却し、ポータル(玄関)サイトなどネット事業に経営資源を集中させている。経営陣の大幅入れ替えで、業務の見直しが進む可能性がある。一方、堀江前社長は、ライブドア株の約17%を保有する筆頭株主だが、現在は経営に関与していない。【森有正】

(毎日新聞) – 11月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です