シューマッハに続いてメルケル独首相がスキーで大怪我な件について

 「ドイツ人のセレブとスキーは相性が悪い」なんてジンクスあったかなあ?。何にせよ、ご両者ともお大事に。

メルケル独首相スキーで転倒し負傷…3週間安静

 【ベルリン=工藤武人】ドイツ政府のザイベルト報道官は6日の記者会見で、メルケル独首相がクリスマス休暇で訪問したスイスで、スキーのクロスカントリー中に転倒し、腰部を負傷したことを明らかにした。

 今月3日、ベルリンで精密検査を受けたところ、首相の骨盤の一部にひびが入っていることが判明したという。安静が必要で、今後3週間は自宅で静養しながら執務に当たり、自宅で執務ができない予定は、キャンセルする。

 首相は今月8日にポーランド訪問を控えていた。

(1月6日 読売新聞)

 しかし、四十路のシューマッハはともかく、メルケルのオバハンは、59歳でクロスカントリーか…ゲルマン人はゴッツイ民族だと、改めて実感。

 ここで「【OPパロ】のんのんびより!【working!パロ】」を紹介。


D

シンプルイズナントカ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です