サッカーJ1、サンフレッチェ広島が逆転優勝

 前節まで首位の横浜マリノスは2位。3位には、今節でマリノスを敗った川崎フロンターレが滑り込み。

 ここまではいい。なにはともあれ、ACL出場決定おめでとう。

 前節まで3位だった鹿島アントラーズはサンフレッチェに敗れて5位。

 これは仕方ない。相手が悪かった上に、アントラーズは世代交代の途中だし。

 んで、前節ズルズルと連敗して優勝争いから脱落、4位に落ちていた浦和レッズ。ホームにもかかわらず、柏レイソルに大敗してまさかの6位。

 すごいね。この糸が切れたタコの如き、レッズの士気の急降下。

f:id:kagura-may:20131207224641j:image

 今年後半のレッズは、サポーターの愚行も含めてガッカリさせられ通しだったな。

広島・横浜M・川崎にACL切符…大久保得点王

 サッカーJ1(7日)――広島が2年連続2度目の優勝を決めた。

 前節まで2位の広島は鹿島に快勝し、勝ち点差2で首位だった横浜Mが川崎に敗れたために、逆転で頂点に立った。21年目のJリーグで、J1連覇を果たしたのはヴェルディ(現東京V)、鹿島、横浜Mに次いで4クラブ目。優勝賞金は2億円。広島、横浜Mと、3位に浮上した川崎の3クラブがアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得た。26ゴールを挙げた川崎の大久保が、初の得点王に輝いた。

(12月7日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です