ガスプロムがサハリン2主導権獲得=シェル、三井、三菱の出資率低下

 【モスクワ21日時事】英・オランダ系メジャー(国際石油資本)のロイヤル・ダッチ・シェルは21日、ロシア・サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の権益譲渡問題で、ロシア国営天然ガス独占企業ガスプロムがシェルと三井物産、三菱商事の3社から50%プラス1株を74億5000万ドルで買収すると発表した。

 これにより、出資比率は三井物産が12.5%、三菱商事が10%にそれぞれ低下することになる。シェルの出資比率は27.5%。 

(12月22日 時事通信)

 予想されていた事態とは言え、ここまで露骨にやられると却って清清しい>ロシアの美味しい所取り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です