ウラン濃縮着手を表明=プルトニウム全量兵器化-安保理決議を非難・北朝鮮

 「いつもの負け犬の遠吠え、一つ覚えの瀬戸際外交だ。放っておけ」…と、言いたいけど、実際に核兵器を量産されたら少しは困る。

 もうアレだな。北朝鮮には、70年ほど前の日本よろしく国連から脱退&暴走してもらって、ちょっと核実験で失敗してもらって、自滅してもらうしかないな。

 【ソウル13日時事】北朝鮮外務省は13日、国連安全保障理事会による北朝鮮の2度目の核実験に対する制裁決議採択を非難する声明を発表した。その上で、軽水炉建設のために「ウラン濃縮作業に着手する」と表明。また、新たに抽出されるプルトニウム全量の兵器化を行うとも宣言した。朝鮮中央通信が報じた。

 北朝鮮がウラン濃縮作業を公式に認めたのは初めて。同国はこの中で「核(計画)放棄は絶対に徹頭徹尾あり得ない」と強調しており、2003年8月に始まった6カ国協議による朝鮮半島の非核化プロセスは崩壊の危機に立たされた。

 声明は「自らの軽水炉建設が決定され、ウラン濃縮技術開発が成功裏に行われ、試験段階に入った」と主張。核兵器につながる高濃縮ウランについては言及していないが、ウランによる核開発を本格化する可能性がある。 

(6月13日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です