イタリア政界がリアルに「ヘタリア」になりつつある件について

 「イタリア人らしからぬ常識人」モンティ首相が「自由国民」から梯子外されて、お手上げ辞任。続けて、「マフィアとロリコンのハイブリッドおやじ」ベルルスコーニ前首相が政界復帰表明とか、なんじゃこれ。今、財政の再建や政界の信頼回復をストップさせたら、イタリアはまたEUのお荷物扱いだぞ。

 おおかた、政権への色気復活というより、自分の脱税&ロリコン買春裁判への圧力強化を考えての、子飼い政党「自由国民」の遠隔操作&政界復帰なんだろう。ベルルスコーニの本音は。そんなんで政権に戻ってこられたら、イタリア国民も堪らんよなあ。実際のとこ、同国民はどう受け止めてるんだろう?。この2つのニュース。

伊モンティ首相、辞任へ=政権運営困難と判断か

 【ドーハ時事】イタリア大統領府は8日夜、声明を発表し、モンティ首相がナポリターノ大統領に辞意を伝えたと明らかにした。来年度予算、財政健全化に関する法案成立後、内閣総辞職する見込みだ。構造改革でイタリアは信頼を回復し、金融経済情勢が落ち着いていたが、首相辞任で政局が一気に流動化し、市場混乱の震源になる恐れが出てきた。

 議会最大勢力の中道右派「自由国民」は、同党を率いるベルルスコーニ前首相が昨秋に辞任に追い込まれた後、モンティ政権を支えてきた。だがモンティ氏の緊縮財政策などに反発を強め、6日の議会では信任投票をボイコット。同党が過半数を握る上院では危うく否決されそうになる事態に陥った。

 モンティ首相は8日、大統領と会談。発表声明によると、モンティ首相は自由国民のアルファノ幹事長が「モンティ政権の役割は終わった。秩序ある退陣が必要だ」と明言したことを「無条件の内閣不信任」と受け止めたと指摘。ベルルスコーニ氏が8日、首相返り咲きを目指し次期総選挙への再出馬を表明したことで、政権の安定運営が不可能になったと判断した模様だ。 

(12月9日 時事通信)

首相再出馬、正式表明=ベルルスコーニ氏―一時引退言及も「復帰は責務」

 【ドーハ時事】イタリアからの報道によると、首相返り咲きへ去就が注目されていたベルルスコーニ前首相(76)は8日、次期総選挙への再出馬を正式表明した。一時は政界引退に言及するなど発言が二転三転。中道左派の政権獲得が有力視される中、自身が率いる中道右派「自由国民」の勢力回復を目指し、4回目の首相の座を狙う決断をした。

 ベルルスコーニ氏は記者団に対し「(首相復帰は)責務だ。勝つために出馬する」と明言。総選挙の時期は来年3月10日になるとの見通しを示した。

 議会上下両院で最大勢力を持つ自由国民を主導するベルルスコーニ氏は、金融危機を受けて昨年11月に首相の座を追われた。最大野党だった中道左派の民主党と大連立を組み、学者出身のモンティ政権を支えてきた。

 しかし自身の相次ぐスキャンダルなどで自由国民の支持率は3位に低迷。危機感を抱いたベルルスコーニ氏は、モンティ政権の緊縮財政策に不満を持つ層の取り込みを狙い、内閣不信任案の可決をちらつかせて存在感を誇示し始めている。 

(12月9日 時事通信)

 3年前の日本の政権交代も「ダメだこりゃ」だったが、流石に今回のイタリアよりはマシだったかなあ。え?下を見るとキリが無い?。そうですね(笑)。

 ここで「猫物語(黒) PV」を紹介。


D

リアル視聴できないんだよなあ。残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です