みのもんた 今年の教訓は「臥薪嘗胆」「艱難辛苦」 ~ 「因果応報」「自業自得」が抜けてるじゃないですか。ヤダー。

 流石に「都知事選出馬」はネタだろう…ネタだよね?。

みのもんた 今年の教訓は「臥薪嘗胆」「艱難辛苦」都知事選出る!?

 みのもんた(69)が28日、文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」(土曜後1・00)に出演。年内最後のオンエアを迎えた。

 今年9月11日に次男が窃盗未遂容疑で逮捕され、10月25日にTBSの報道2番組を降板。バッシングにさらされるなど、苦しかった1年。

 オープニングのトークで、沖縄県名護市辺野古沿岸部の埋め立て問題や東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題に言及。「(こういう問題について)どんどんしゃべりたかったの。でも(降板で)しゃべれなくなちゃった」とキャスターの立場にないことを嘆いた。

 「今年1年を振り返って得た教訓」は「臥薪嘗胆」(がしんしょうたん=将来の成功を期して苦労に耐えること)と「艱難辛苦」(かんなんしんく=非常な困難に遭い、苦しみ悩むこと)。「これをバネにしてね、来年こそ都知事選に出ようと。いろんなところに出てるんだよ、候補者が。あれだけ週刊誌に載ったみのもんた、どこにも出ていない。なんで?」と笑いを誘う“みの節”も忘れなかった。

(12月29日 スポニチアネックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です