みずほ証券と新光証券、2008年1月めどに合併へ

 みずほフィナンシャルグループ(FG)系列で国内証券4位のみずほ証券と同6位の新光証券は10日、2008年1月をめどに合併することに基本合意したと発表した。

 法人向け取引に強みを持つみずほ証券と、個人向け業務に定評がある新光証券の合併で、グループの証券業務の基盤を強化する。合併後の新会社は、売上高に当たる営業収益が6000億円超(2006年3月期連結決算ベース)と、大手の日興コーディアルグループを抜いて国内3位に浮上する。

 今後、みずほグループが4・89%(議決権ベース)出資する日興と合併会社の関係強化が模索されるなど、銀行・証券の業界の垣根を超えた再編に弾みがつく可能性もある。

(1月10日 読売新聞)

 さすがは、猛禽「肥大化ジャッカル」みずほ。日興への食指伸ばしに続いて打つ手が早い!。次は、みずほインベスターズの実質解体を含んだ、傘下証券部門の統一でしょうかね。

 http://d.hatena.ne.jp/kagura-may/20070107

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です