まずは国内&即海外でデファクトを獲るべし!な件について

 ビジネスは巧遅より拙速だよ、アニキ。

<電気自動車>充電器の国内規格統一へ 協議会にトヨタ参加

 電気自動車(EV)の普及に欠かせない充電器の規格統一が国内で確実な情勢になった。主要メーカーと電力会社などで規格統一を進める「CHAdeMO(チャデモ)協議会」が15日、発足したが、昨年8月の準備会には参加しなかった最大手のトヨタ自動車が加わったためだ。今後は、ガソリンスタンドに相当する充電施設の整備に共同であたりながら、国際標準を目指して海外にも売り込んでいく構えだ。

 協議会にはトヨタ、日産自動車など大手自動車4社や東京電力のほか、充電器メーカー、コンビニエンスストアなど、158社・団体が参加している。外出先でEVに充電する際に使う急速充電器の規格を現在、三菱自動車の「アイ・ミーブ」が使っているチャデモに統一していく。

 チャデモは、充電プラグをEV車両に差し込むと、エンジンを制御する車両側のコンピューターの指示に従って、最適な量の電流を供給する方式。富士重工業の「プラグインステラ」もこの方式に対応している。今秋日米欧で発売される日産の「リーフ」も対応させる。

 英語の「CHARGE(充電)」と「MOVE(動く)」を組み合わせた造語で「車の充電中にお茶でも」という語呂合わせにもなっているという。

 急速充電器の規格が統一されれば、どのメーカーの車両でも充電器を利用できるようになる。【大久保渉】

(3月15日 毎日新聞)

 次は車載用リチウムイオン二次電池の規格統一だな。

 ここで「咲-Saki- Portable オープニング」を紹介。


D

つくづく男が出てこない麻雀アニメ(ゲーム)だなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です