とりあえず「もんじゅ爆弾」だけは潰しておくべきな件について

 民主党の仕分けパフォーマーが、どの位「もんじゅ」の本質を理解しているかはともかくとして、「もんじゅ」プロジェクトの抜本的な見直しには賛成。有事の危険性の大きさもさることながら、半世紀近い研究期間をかけながら、本格稼働のメドが全く立たないコイツの維持に費やしている4,000-5,000万円/日を転用すれば、他の再生可能エネルギーの開発&実用化がグッと進むと思うもんで。

野田政権で政策仕分けスタート 「もんじゅ」も議論

 政府の行政刷新会議が主要政策の問題点を洗い出し改革の方向性を示す「提言型政策仕分け」が20日、東京・池袋のサンシャインシティ文化会館で始まった。原子力・エネルギー分野では高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を運営する独立行政法人への交付金の在り方も議論する。

 野田政権での仕分けは初めて。中長期的な制度改革に向けて新たな方向性を提示できるかが焦点となる。その場で事業の存廃などを判定した事業仕分けとは異なる初の試みだけに、運営方法も注目されそうだ。

(11月20日 共同通信)

 まあ、原発利権については、自民党の方がより罪深いんで、民主党ばかりを責めるわけにはいかんのだけどね。

 ここで「【MAD】化物語~月光~【完全版】」を紹介。


D

まどマギもそうだが、シャフトと鬼束ちひろは良く似合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です