すごいぞ井岡!

 相手が無敗のチャンプ・オーレドンなだけに、正直今回は厳しいだろうと思っていたから、ちょっとビックリ。でも、試合後の両陣営の振る舞いといい、総じて良い試合でした。ベルトは返上して階級も上げるんだろうけど、これからも頑張れ>井岡。

井岡、国内最速・デビュー7戦目で世界王座奪取

  ボクシング・世界ボクシング評議会(WBC)ミニマム級タイトルマッチ12回戦(11日・神戸ワールド記念ホール)――プロ7戦目で世界王座に挑んだ10位の井岡一翔(21)(井岡)が、王者のオーレドン・シッサマーチャイ(25)(タイ)に5回1分7秒でTKO勝ちした。

 2回に左フックでダウンを奪うなど優勢に試合を進め、5回、左アッパーをボディーに決めた。7戦目での世界王座獲得は、WBCバンタム級・辰吉丈一郎、世界ボクシング協会(WBA)スーパーフライ級・名城信男の8戦を抜き、国内ボクシング史上最速。日本のジムに所属する男子の世界王者は最多タイの7人となった。オーレドンは41戦目にして初の敗戦で、7度目の防衛に失敗した。

(2月11日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です