この一月で、出崎統氏、児玉清氏そして長門裕之氏が逝った件について

 昭和がどんどん遠くなっていく。寂しい。

<訃報>長門裕之さん77歳=南田洋子さんとおしどり夫婦

 「にあんちゃん」「古都」などの映画で個性的な演技を披露、女優の南田洋子さんとの“おしどり夫婦”としても知られた俳優の長門裕之(ながと・ひろゆき、本名・加藤晃夫=かとう・あきお)さんが21日死去した。77歳。

 京都出身。祖父は映画監督の牧野省三、父は俳優の沢村国太郎、母も女優のマキノ智子。叔母が沢村貞子、叔父が加東大介という芸能一族に生まれた。俳優の津川雅彦さんは弟。

 6歳から子役として活躍。立命館大を中退し、1953年に東宝入りした。日活に移籍し、「七つボタン」(55年)で本格デビュー。哀愁を感じさせる風貌とひょうひょうとした演技で、主演、助演を問わず活躍。まじめで内気な青年から威勢のいいヤクザ者まで、幅広い役柄を自在に演じた。

 今村昌平監督に重用され、「にあんちゃん」(59年)でブルーリボン主演男優賞を受賞。「豚と軍艦」(61年)などで好演した。また文芸作「古都」(63年、中村登監督)で毎日映画コンクール助演男優賞。近年も弟の津川さんがマキノ雅彦名義で監督した「次郎長三国志」(08年)などに出演した。

 テレビでも活躍し、「池中玄太80キロ」、NHK大河ドラマ「篤姫」などで存在感を発揮した。

 05年ごろから認知症の症状が出始めた南田さんを、09年に亡くなるまで献身的に介護した。その体験をつづった著書「待ってくれ、洋子」は大きな話題を集めた。

(5月21日 毎日新聞)

 代表的な出演作には事欠かない長門氏だけど、神楽の世代だとやっぱり「スケバン刑事」の暗闇指令がイの一番かなぁ…。映画「将軍家光の乱心 激突」で、全身火だるまになって幕府軍に特攻かますオッサン役も印象に残ってますね。プライベートでは奥さんの件以外でも色々あった御仁でしたが、同時に何を演じても印象に残る良い俳優さんでした。ご冥福をお祈りいたします。

 ここで「【手書きMAD】BBのプラチナで魔法少女まどか☆マギカ【高画質版】」を紹介。


D

個人が3週間でこれを作れるなんて、そんなの絶対おかしいよ(褒め言葉)。ぺろぺろぺろぺろ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です