【在庫過剰?】陸上自衛隊の弾薬を管理している企業で、帳簿と在庫が88億円分合わず【在庫不足?】

f:id:kagura-may:20130620221149j:image

「記事の最初の事例以外は、帳簿や管理の不備内容について具体的に書いていないのが、いやらしいですよね」

 仮に在庫実数が帳簿上の数よりも足りないなんて事態だったら、会計検査院の調査云々のレベルを越えた大問題。「誰が」「何のために」「兵員何人分の」「何の弾薬を」ちょろまかしたのかで、解釈が全然違うしな。

 で、「弾薬管理全体の」実態はどうなの?。ネタ元の会計検査院はもちろんだが、朝日新聞は、その点をこそ、正確に報道するべきじゃないのかい?。

陸自、弾薬管理ずさん 88億円分、帳簿と在庫数合わず

 【金子元希】陸上自衛隊が使用する爆薬や火薬の保管状況を会計検査院が調べたところ、国内の会社に預けている分で帳簿と在庫の数が合わないなど、ずさんな実態が見つかった。検査院は、約88億円分の弾薬類の管理が不適切だとして陸自に改善を求める方針だ。

 問題があったのは、陸自が使用する弾薬類を製造・保管する大手1社。陸自は基地内に入りきらない弾薬類を、専用の火薬庫を持つ業者に預けている。

 物品管理法は国の物品を保管する場合、数量や状態を適切に把握するよう定める。また火薬類取締法と武器等製造法では、弾薬類の数量や出入りを帳簿に正しく記録する必要があり、定期的な自主検査も求められている。

 ところが、検査院が陸自の弾薬類を保管する国内の複数業者を調査すると、1社で帳簿と在庫の数量の多くが一致せず、帳簿に記載はないのに現品が残っているケースがあった。帳簿の日付などの誤記も相次いで見つかった。この会社は、別の会社が陸自用に製造した弾薬類も預かっていたが、保管契約も結ばず、管理責任があいまいだった。

(10月6日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です