「琴浦さん」第6話「夏休み!」感想 ~ 「真鍋君の意気地なし!私もう知らない!」

 「待って!待って琴浦!」「…!?…真鍋君が、真鍋君が勃ったわ!おじいさん!!」

 と、そういう話ではありませんが、お楽しみに~☆by gdgd妖精s(嘘)。

f:id:kagura-may:20130218002400j:image

 物心ついて、初めての楽しい夏休みを満喫する琴浦春香嬢@CV金元寿子女史が、超幸せそうでハートウォーミング気分な本エピソード。とりあえず、琴浦善三爺様@CV西村知道氏は森谷ヒヨリ嬢@CV久保ユリカ女史を許してやれよ。大天使な孫娘は、もう許してやってるんだから(笑)。

 一部には、「琴浦は森谷を簡単に許しすぎ」という意見もあるけど、私はそうは思わない。何故なら、第3-4話にかけて180度一変した春香嬢の世界観が、彼女の新しい多幸感やモリモリを許した包容力を齎したと共に、新しい危うさとシリアス展開の素地になっていると感じられるから。この物語は「琴浦春香という少女が、悲劇から開放されたお姫様を経て普通の女の子になるおとぎ話」だと思うから。今はその下ごしらえの時期だと思うから。

 それはさておき、今回の舞台は琴浦財閥(多分)の大屋敷。第4話で春香嬢がカニと戯れていたプライベートビーチに咲く、女子高生3人衆の水着姿を独占できる、真鍋義久君@CV福島潤氏と室戸大智君@CV下野紘氏、ついでに善三爺様の幸せ者め!。

 ビキニからはみ出る御舟百合子嬢@CV花澤香菜女史の巨乳の下乳エロス!。武道家らしく引き締まったボディでも出るところは出ている森谷嬢の健康美エロス!。将来性に期待したいチッパイが醸し出す春香嬢の未完成少女オーラエロス!。敢えて言おう、天国であると!by銀河万丈(嘘)。

 でも、そんな天国にもかかわらず、一人日陰で読書に勤しむ室戸副部長。百合子嬢のおっぱいは今更堪能する必要はないわけですか、そうですか。爆発しろ。

 一方の真鍋君は、ノルマ妄想はともかく、一流シェフの料理よりも、春香嬢の手作り弁当を選んだり、離岸流に流される彼女を誰よりも早く助けに行ったりと、要所要所でイケメン振りを発揮。彼を見ていると、女の子のヒーローになるには、金や特殊な能力よりも大事なものを男の子は身に着けるべきなのだなあと、しみじみ思いますな。助け上げた春香嬢を、恋人のように抱きしめることができなかった要所中の要所でのヘタレぶりも、また良し。

 今回は欝パートもなく、ひたすらほんわか。でも、ラストに琴浦久美子ママン@CV井上喜久子女史登場で、かすかに嵐の予感。ドキドキ。

 それにしても、先週に続いての新ED第二段。なんぞこれ(笑)。


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です