「民主党に兵無し」な件について

 人材枯渇した挙句に、防衛相に自衛官OBとはいえ民間人を登用とはね。

郵政・金融担当相に松下氏、防衛相に森本氏、国交相に羽田氏

 [東京 4日 ロイター] 野田佳彦首相は4日、内閣改造人事を発表した。参議院で問責決議を受けた前田武志国土交通相と田中直紀防衛相のほか、鹿野道彦農林水産相、小川敏夫法相、自見庄三郎金融・郵政改革担当相の5閣僚を交代させ、安住淳財務相、古川元久経済財政担当相ら他の閣僚は留任する。

 新任の金融・郵政改革担当相には国民新党の松下忠洋復興副大臣を起用、田中防衛相の後任には民間から森本敏拓殖大大学院教授を起用する。防衛相に民間人が起用されるのは、防衛庁時代を含めて初めて。前田国土交通相の後任は羽田雄一郎参議院国対委員長、鹿野農水相の後任には郡司彰元農水副大臣、小川法相の後任には滝実法務副大臣が就任する。

(6月4日 ロイター)

 しかし、問責2閣僚だけじゃなく合計5人も首をすげ替えたのに、限りなく問責対象者に近い無能おばちゃん・小宮山洋子厚相が残留とか、ちょっと…だいぶ優先順位がずれてないか?。

 ここで「悩みが吹き飛ぶかも知れない東方まんが」を紹介。


D

ごゆるりと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です