「完ぺきに戦える」23人 サッカーW杯代表決定

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会に出場する日本代表23人が15日に発表された。代表入りが確実視されていたFW久保竜彦(横浜M)が落選した理由について、ジーコ監督は会見で「完ぺきに戦えるメンバーを選んだ。久保は素晴らしい選手で彼のプレーは大好きだが、コンディションが良くない」と説明した。

 久保は、ジーコ監督が攻撃の柱にと復調に期待をかけてきたが、調子が上がらず、巻誠一郎(千葉)らが代表入りした。同監督は「最後まで考え抜いた結果こうなった」と悩み抜いた末の決断だったことを明らかにした。

 23人は中田英寿(ボルトン)小野伸二(浦和)の両MFら4人が3大会連続の選出。

 W杯日本代表は次の通り。

 GK 土肥洋一(FC東京)川口能活(磐田)楢崎正剛(名古屋)▽DF 田中誠(磐田)宮本恒靖、加地亮(以上G大阪)三都主アレサンドロ、坪井慶介(以上浦和)中沢佑二(横浜M)中田浩二(バーゼル)駒野友一(広島)▽MF 福西崇史(磐田)中田英寿(ボルトン)中村俊輔(セルティック)小笠原満男(鹿島)稲本潤一(ウェストブロミッジ)小野伸二(浦和)遠藤保仁(G大阪)▽FW 柳沢敦(鹿島)高原直泰(ハンブルガーSV)玉田圭司(名古屋)大黒将志(グルノーブル)巻誠一郎(千葉)

(共同通信) – 5月15日

 日本代表23名が決まりました。ざっと見た感じでは至極妥当な人選と言えるでしょう。個人的にはちょっぴりやるせない部分がありますけど。

  • FW:久保が落選したのは仕方ないでしょう。スコットランド戦の動きを見ていたら、とてもじゃないけど「博打」はできない。しかし、同じ理由から考えれば柳沢はどうなんだ?未だリハビリ中だし、海外では全く結果を出せてない。それでも柳沢は選ばれて久保は落選(んー)。さらに言いましょう。久保の体調を気にするなら、何故、無意味にスコットランド戦であんな無理をさせたんですか?>ジーコ監督。
  • それはさておき、個人的にFWは、高原・玉田・大黒・巻・平山or鈴木or大久保を希望してました(注:FW4名体制であれば外すのは玉田)。勝負時用に、パス回しやドリブルが巧いというより、タフな切込隊長的FWを最低2名(巻以下4名から)キープしたいのですね。実は、柳沢の怪我が「どうにもならなく」なったら、平山以下海外組の誰かを急遽呼び寄せるというケースがないかなと、今でもこっそり期待しています。その時の本命は鈴木。

  • MF:もうね、「なんで松井を外したのか」と。これに尽きます。FW最後の1名に枠を取られてMF7名体制にされちゃったのが全てなんでしょうけど。まあ、日本の中盤の布陣を考えると、中村が退場なんてシーンでも無い限り、松井の出番は早々無いとは思いますが、それでも入れてやって欲しかったです。中村⇔松井、小笠原⇔遠藤が理想的だったんだけどなあ。

  • DF:ここは特に申し上げることはないです。駒野がちゃんと選ばれたし。とりあえず三都主⇔中田浩、加地⇔駒野でしょうが、駒野は左右どっちもいけるし、センタリング&FK共に一級品。三都主や加地が引っ込んだ時、確変して大暴れしてくれるんじゃないかと密かに期待してます。エコノミークラス症候群さえ起こしてなければですが(笑)。

  • GK:無風。それがいいのか悪いのかは分からないけど。

 とにかく、決まった以上は代表諸兄にはベストを尽くして欲しいものです。ガンバレニッポン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です