「伊勢、あんたの名を継いだ子たちが征くわ」。再びレイテに。今度は米軍と共に。フィリピンの危機を救いに。

 感慨深し。

 派遣艦隊が提供できる航空輸送力は、現地にとって最も必要とされている機能。被災地に向かわれる隊員1000名の皆様の、現地での活躍と無事の帰還を祈念する次第。

自衛隊1千人規模派遣へ 台風被害のフィリピン

 【其山史晃、マニラ=佐々木学】台風30号の直撃を受けたフィリピンに対し、日本政府は13日、自衛隊を1千人規模で派遣する方針を決めた。現地では欧米の救援隊や医療支援チームも活動を始めたが、輸送手段の不足などで支援物資が届かず、人々は焦燥感を深めている。直撃から5日たっても93人の日本人と連絡がとれず、安否確認が続いている。

 日本政府は、医療や輸送支援にあたるため艦艇3隻と、輸送ヘリコプター、輸送機を送る。国際緊急援助活動としては過去最大規模となる見通し。先遣隊はすでにフィリピン入りした。

 海上自衛隊の大型護衛艦「いせ」、輸送艦「おおすみ」、補給艦「とわだ」の3隻に陸上自衛隊の部隊や輸送ヘリを搭載する。航空自衛隊のC130輸送機も派遣する。活動場所はフィリピン政府との協議によるが、被害が大きいレイテ島などが有力視されている。

(11月13日 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です