「仮面ライダー」シリーズのおやっさん・長石多可男氏逝く ~ 今のちびっ子から四十代のオッサンまで、この人の作品のお世話にならなかった男は、ほとんどおらんだろう。

 東映特撮の巨星がまた一つ…合掌。

長石多可男さん死去 平成の仮面ライダー支える

 映画監督の長石多可男さんが、3月31日に進行性核上性麻痺のため都内の病院で死去したと、東映が3日に発表した。享年68。長石さんは昭和20年1月7日生まれ、広島・江田島市出身。

 TV「仮面ライダー」(1971年~)に助監督として携わり、佐藤健が主演を務めた「仮面ライダー電王」など、一連の仮面ライダーシリーズを監督として支えた。

 また「光戦隊マスクマン」や「天装戦隊ゴセイジャー」などのスーパー戦隊シリーズなどを手がけ、東映の特撮ヒーロー作品に欠かせない監督だった。TBS系で放送された人気刑事ドラマ「Gメン75」の助監督、監督も務めた。

(4日3日 サンケイスポーツ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です