「人肉食べまSHOW!」in 杉並区

 食品衛生法云々以前に、このイベントを主催した奴の嗜好と思想を問題視すべき。男装レズ姉ちゃんの「趣味」なんて、この共食い奨励野郎の「狂気」と比べたら全然マトモだろ。

 いや、真面目な話、この芸術家を名乗ってる主催者って何者?。単なるカニバリ野郎?歪な自己愛変態?退廃主義者?それとも悪魔崇拝主義者の類なのか?。

「人体の一部を食べる」と称したイベント 東京・杉並区が調査

 東京都杉並区のライブハウスで5月、「人体の一部を食べる」と称したイベントが開かれ、杉並区が食品衛生法に抵触する可能性もあるとして調査を始めたことが1日、分かった。

 ライブハウスを運営する会社によると、5月13日夜、芸術家を名乗る男性が主催。集まった客約70人を前に、ステージ上で男性が「自分の人体の一部」とされるものを焼き、客に食べさせたという。

 4月に男性から「医療廃棄物で、正当に入手した人体の一部を客に食べさせるイベントを開きたい」と申し入れがあり、法的に明らかな問題はないとして会場を貸したとしている。

 杉並区は「許されるものではない。警察などと協議し、断固とした対応を取るよう検討する」とのコメントを出した。

(6月1日 産経ニュース)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です