「ドキドキ!プリキュア」第32話「マナ倒れる!嵐の文化祭」感想 ~ 「ヒロインがゲロを吐くアニメは名作・2」

f:id:kagura-may:20130915173228j:image

 第4話に続いてゲロインとなったキュアハート@CV生天目仁美女史。赤面ピースの相田マナ嬢といい、「JSの円亜久里嬢@CV 釘宮理恵女史に罵られる特典付き喫茶店」といい、マナ嬢の寝込みを襲う(違)四葉ありす嬢@CV渕上舞女史のうなじといい、今日のドキプリは、いつも以上に、マニアックに性的でしたね、と。

 先週吸い取ったホモコンビの力を使ってW田中コンビを支配下に置く、ベールさん@CV 山路和弘氏。最終話あたりで悲惨な最期を遂げそうで心配。わくわく。

 イラりつは、まだ継続してたのね。この先、嫉妬に狂ったラケルが、心の暗黒面に堕ちるんじゃないかと心配。わくわく。

 話の中身自体は、なんだな。「マナ嬢は、良くも悪くも『良い上司』」。マジ、私の上司になって欲しいぜ。大貝第一中の皆と違って、速攻で堕落しそうだけど。

 次回は幼馴染三人娘の昔話&お泊まり会。いろいろ楽しみだが、蒲腐博士@エクセル・サーガ似のありすパパンが全て持って行っちゃって、何も覚えていないんだぜ(ダメじゃん)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です