「スマイルプリキュア!」第22話「いちばん大切なものって、なぁに?」感想 ~ 「女には負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある」

 と、ハーロックならぬエメラルダスが言ったことがあるかどうかは知らんけど、言っていてもおかしくない。もちろん、プリキュアが言ってもおかしくない。今日はそんなお話。両者に違いがあるとすれば、その戦いに至るまでに積み重ねてきた覚悟の量と死線の数。同じなのは、人は自分自身の生き様と自分にとって大事なもののために戦うのだという点。

 過去の先輩プリキュア以上に、「良く分からないけど」と「なんとなくで」プリキュアになっていたスマイル組。その彼女達が今回のように追い込まれて、「自分たちは何故プリキュアとして戦わなくてはならないのか」を改めて自問自答したことに、今回のエピソードの意味がある。プリキュア部の少女達が各々違う思考を辿りながら、決して答えは揃っていないけど、「5つの光が導く未来」を目指して再集結した展開に価値がある。ここらへん、「魔法少女まどか☆マギカ」の魔法少女達の心情変化と対比させながら観ると、更に面白い。「ここで逃げたところでピエーロが復活してしまうなら、どのみち戦うしかないじゃない!」byキュアピース…あれ?。

 5の仮面回ほどグロくなく、ハトプリの試験回ほど論理的でもなかったけど、それ故に、無邪気にプリキュアをやってきたスマイル組の「等身大の目覚めや成長」は、到達できていない部分の未熟さ分も含めて、観ていて嬉しかった。ちなみに、今日のプリキュア部の自問自答シーンで一番好きなのは、緑川なお嬢@CV井上麻里奈女史の髪を縛りなおして歩み出しながら、「私が選ぶ道は最初から決まっていた」と決意するシーン。次いで、日野あかね嬢@CV田野アサミ女史が頭をひと振りした後、覚悟を決めるシーンかな。それにしても、田野女史、この数ヵ月で本当に演技が上手になったね。実績実力で先を行く他の4プリキュア先輩声優と比べても、ほとんど遜色ないわ。

f:id:kagura-may:20120708134650j:image

 プリンセスフォームなキュアビューティ。美しい殺気に満ちた表情が最高です。

  • ジョーカー@CV「流石はベテランの演技力」三ツ矢雄二氏戦での敗退直後、最後の希望・☆デコルも失い、失意の中での話し合いシーン。ジョーカーへの恐怖に、心バキバキモードになっていた黄瀬やよい嬢@CV金元寿子女史の「本音」を発端に、ここでも五者五様な思考の違いが上手く描かれていて実に「良し」。
  • 一見似た者同士の緑と橙の対比シーンも良かったが、「キャンディ@CV大谷育江女史を救出に向かう」という命題の本質に辿りつくにあたり、論理的な選択肢で思考する青木れいか嬢@CV西村ちなみ女史と、何が一番大事かと言う直感の下でアプローチする星空みゆき嬢@CV福圓美里女史という、対照的な二人の描写が、特に興味深かった。自問自答シーンの連結パートといい、「プリキュア」の脚本は良く練られているわ。小さなお友達には、ちょっと難しかっただろうけど、大きなお友達的には◎。
  • しかし、みゆき嬢は、のぞみ嬢@5やラブやん@フレッシュの正統後継者だとは思っていたものの、微妙なところで違うのな。例えるなら、のぞみ=秀吉、ラブ=信長、みゆき=家康。結構腰を据えて大局を見るキャラだと認識>みゆき嬢。更に例えると、れいか嬢が軍師なら、みゆき嬢は将といったところか。
  • それはそれとして、全身からバッドエナジーを噴出している自分自身に恐怖するキュアハッピー以下の表情に、ちょっと興奮した大きなお友達、正直に挙手( ´ ▽ ` )ノ。
  • 全体的には、Aパートの小気味良い戦闘シーン&ジョーカーの精神攻撃シーンの「動」と、Bパートの小さな動作描写が見事な思考シーン&再集結シーンの「静」のメリハリが効いていて、流石の田中演出と言うべきか。プリキュア部各自が、最後の心の拠り所を☆デコルのような「モノ」ではなく、自身の「決意や想い」に移した流れも良かったね。
  • 新八@CV「流石はVガンでの富野仕込み」阪口大助氏は姉弟型シスコン。ポップは兄妹型シスコン。ふむ。
  • 今日のキュアピースじゃんけんはパー。今日は色んな意味でサザエさん陣営が勝つべきだと思うんだ。
  • EDは、キュアマーチがトップバッター。今回の主役?…いや、私にとってはいつも主役だし。うん。とりあえず、声優陣の少なさと原画陣の豪華さに笑った。
  • 次回予告。覚悟を決めたプリキュア部、バッドエンド王国に侵攻。一方の同王国側も三幹部を含めた主戦力を総動員。こういった全面対決は胸が熱くなるね。そしてクライマックスでプリンセスフォームのお披露目という段取りらしいけど…てことは、次回じゃまだ皇帝ピエーロとの最終決着は着かないってこと?。はたまた、大魔王バーンもとい「ポスト・ピエーロ様」登場ってことか?。
  • 今回は、米村正二脚本×田中裕太演出・絵コンテ×仁井学&梅津茜&平野絵美作監。中盤でここまでテンション挙げちゃって、リアル最終回ではどうするつもりなのか、余計な心配してしまう位のクオリティ。本来のトータル評価は最低でも次回まで考慮してから下すべきだろうけど、プリキュア部の精神的成長を目に出来ただけでも、今エピソードには高評価を差し上げたいです。
  • そういや、今回全く姿を見せなかったメルヘンランドの住人。彼らの登場もシリーズ後半戦の鍵になるのかな?。受け身と救世主願望一辺倒のその消極的な姿に、みゆき嬢が爆発。叱咤激励して、住民の覚醒を促すエピソードとかがあるといーなー。

1 個のコメント

  • >今日のキュアピースじゃんけんはパー。今日は色んな意味でサザエさん陣営が勝つべきだと思うんだ。
    サザエさんもパー。通算成績はキュアピースの8勝5敗7分け。むぅ。もっとがんばれサザエさん。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です