「スマイルプリキュア!」第2話「燃えろ!熱血キュアサニーやで!!」感想 ~ 「今日もガニ股ハッピー!!」

 キュアハッピー&星空みゆき嬢@CV福圓美里女史とキュアサニー&日野あかね嬢@CV田野アサミ女史の、凄いガニ股率。おまいら乙女の慎みを何処に忘れてきた!?(笑)。

f:id:kagura-may:20120212154929j:image

 ここで敢えてガニ股シーンをピックアップしない勇気。つか優しさ of 俺。

  • オープニングが通常仕様に。出だし5連発のラストに美味しいところを持って行く青にフイた。
  • Aパート冒頭でササっと、今回のプリキュアシステムを解説する淫獣・キャンディ@CV大谷育江女史。…で、その内容ですが、「一見、淫獣の食料源」キュアデコルの設定と言い、魔法を使うことによるプリキュアの疲労設定と言い、なんか「まどマギ」を彷彿させるんですが(^^;。まさか魔力と体力を使い切ったら、キュアプリもといプリキュアがアカンベェ化するなんてオチは無いよね。そう考えたら、みゆき嬢に対するQBもといキャンディの改めてのごあいさつシーンが、微妙に邪悪な心底の裏返しのような気がしてきた。うーむ。
  • 今回の主役・あかね嬢。タダのノリだけ関西人かと思いきや、挫折も知っている努力の人と分かって好感度上昇。「女には、負けると分かっていてもやらねばならない時がある」とばかりに、バボちゃんバレーボールベース・アカンベェに、生身で特攻仕掛けるその心意気に好感度赤マル急上昇。ハッピーに変身後のみゆき嬢を一発で見抜く眼力や、変身中の名乗りを恥ずかしがるメタ常識人っぷりも素敵よ!(笑)。棒セリフもすぐに慣れ…1クール位は我慢するさ!我慢してやるさ!。
  • そんな「俺は太陽の娘!キュアブラックRX!(違)」キュアサニーに負けず劣らず存在感を発揮しまくった主人公・みゆき嬢の天然っぷりも、素晴らしかった。正体問われて「あ、はい」と即答するとか!、必殺技を第2話目にして外すとか!、でも、ウルフルンさん@CV志村知幸氏の詰めに涙目でやせ我慢する姿は、視聴者のハートをまさに鷲掴みってもんさ。壁蹴り垂直反転攻撃も、初代をリスペクトしてる雰囲気が出てて良し。そして、ラストの友情ペア結成シーンは言わずもがなの◎。薄い本の組み合わせ第一弾・桃×橙の確認完了しました!。
  • 今回出番が少なかった、緑川なお嬢@CV井上麻里奈女史と青木れいか嬢@CV西村ちなみ女史は、スイプリ五人衆ではプチアダルト担当と再確認。この二人で緑×青or青×緑ってのもいいけど、とりあえず今後の展開待ちだな。
  • 次回予告を観ると、黄瀬やよい嬢@CV金元寿子女史は、桃や橙と同じく「何となく勢いで」色々決めてしまいそうなキャラの予感。でも、単純脳筋キャラってわけじゃなさそうだし、「桃・橙の天然直感ペア」と「青・緑の現実直視ペア」の間でどういうポジションになるのか、今から楽しみです。それはとりもなおさず、第4話以降のプリキュアスカウト編における、「勢いだけじゃモノを決めそうにない」青&緑をどう口説くかにも繋がってくる要素だしね。
  • EDはキュアサニーがトップバッター。なるほど、その回の主役がトップを張るのか。これは新しい試みだね。
  • 今回は、米村正二脚本×黒田成美演出・絵コンテ×ポール・アンニョヌエボ&フランシス・カネダ作監。何と言ってもメリハリ付いた内容が◎だったけど、作画担当のフィリピン組も頑張ったなあというのが、正直な感想。皆、力入ってるよね>スマプリ。この調子で第3話以降もベストを尽くして、良いコンテンツ作りに勤しんで欲しいものです。
  • あと本作とは全然関係ないけど、必殺技1発目を出した後の賢者タイムにすぐさま2発目強制されても、ぶっちゃけ「ごめん無理」だよね?>今日のスマプリを観た男性諸兄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です