「スイートプリキュア♪」第47話「ピカーン!みんなで奏でる希望の組曲ニャ!」感想 ~ 「残酷な浄化のテーゼ」

 ノイズ「ぼくはここで笑ってもいいんだ」

 メロディ「おめでとう」

 リズム「おめでとう」

 ビート「おめでとう」

 ミューズ「おめでとう」

 ハミィ「おめでとうニャ」

 まさか、ハミィ@CV三石琴乃女史がノイズ様@CV中尾隆聖氏に特攻とはなあ。んで、その事を忘れ去られたまま、ノイズ様とまとめて浄化されるとはなあ。

 まてや、おい(^^;>プリキュア4。

  • キュアメロディ@CV小清水亜美女史はじめ、基本スタンスが「戦わない←→戦う」でブレブレ過ぎ>主人公s。それを悪役ラスボスにまで突っ込まれるなんて言語道断。挙句に、自己啓発セミナーばりの「笑顔!音楽!笑顔!音楽!」洗脳トークでノイズ様に迫るって、あんたらどこの宗教団体だよ。
  • 戦闘シーンは、「ロボットアニメの」砲撃戦&おまけの白兵戦と思えば見事。プリキュアでこれかぁ?と思えば微妙。結局、×字拳だしなあ。メロディの「プリキュアの名がすたる」は良かったけどね。
  • 最終決戦、ノイズ様との共存の道を採らなかった時点で、プリキュアは自分たちの主張を自身で否定したことになるよね。いいのか?。まあ、それがノイズ様を救うってことなら、それはそれで一つの「解」ではあるけれど。
  • 今日の主役は、一にメロディ、二にハミィ、三にキュアビート@CV豊口めぐみ女史、四にキュアミューズ@CV大久保瑠美女史、そして越えられない壁経由で、五にキュアリズム@CV折笠富美子女史。ここ数回のたおやかさんの影の薄さは異常。
  • 今回は、大野敏哉脚本×田中裕太演出・絵コンテ×河野宏之作監。一見、ヨサゲなシーンも多かったが、田中演出による底上げ&盛り上げが無ければ、とんでもないことになっていた悪寒がしてしょうがないエピソード。次回予告を観る限り、最終話はトリオ・ザ・マイナーやハミィも復活するようだし、石化した皆さんも含めた(+ピーちゃん化したノイズ様?)、ハッピーエンドなエピローグで〆てくれることに期待かな。EDカードは過去2回のハイブリッドでした。

f:id:kagura-may:20120122143556j:image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です