【あんまり一緒じゃなかったのに】国民民主党、立憲民主党との合流と同時に分党。玉木雄一郎代表は非合流派へ【要求だけ通るわけがない】

加速していく解党に今は

ほんと、勝ち方を知らない御仁だねえ。連合の偉いサンの血管がそろそろ切れるぞ。

国民民主、分党へ 玉木代表が表明―立憲との合流、自身は不参加

 国民民主党は11日、立憲民主党との新党結成による合流をめぐり、臨時執行役員会で対応を協議した。玉木雄一郎代表は終了後の記者会見で、国民を解党した上で、立憲への合流組と残留組に分党すると表明。自身は合流に参加しない意向を示した。
 玉木氏は残留組とともに、国民の地方組織などを継承する新党を設立する方針。今後、立憲を中心とする合流新党がどの程度の規模になるかが焦点だ。
 会見で玉木氏は、立憲の枝野幸男代表との党首会談が実現せず、「基本政策について一致が得られなかった」と指摘。旧民主党政権を念頭に「理念や政策が異なる人が集い、無理やり党をつくっても、過去の反省を生かせない」と不参加の理由を説明した。
 自身の新党結成に関しては、「政策提案型の改革中道政党は不可欠だ。自由闊達(かったつ)に議論してこそ新しい答えが導き出せる」と強調した。
 一方、立憲は11日の常任幹事会で、国民との合流に関し、新党の名称を投票で選ぶことを確認した。両党幹事長らがまとめた代表選規定案や綱領案も了承。枝野氏は常任幹事会で「速やかに手続きに入りたい」と語った。
 野党合流は、安倍政権に対抗し得る勢力を目指して枝野氏が呼び掛けた。玉木氏は新党名を投票で決めるよう主張し交渉は難航したが、次期衆院選を控え速やかな合流を望む立憲側が譲歩した。立憲幹部は国民の分党を「落ち着くところに落ち着いた」と評価した。

(2020/8/11 時事通信)

ここで「【MAD】新機動戦記22/7」を紹介。

あんなに一緒以下略。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。