【京成や北総の全車両チェックより】京成線・青砥駅での脱線事故、事故車両の台車に大きな亀裂が複数【旧・住友金属工業製の該当台車を総チェックした方が早い】

  • 京成電鉄では、同じ型の台車を使用する48両について、緊急点検を行いましたが、亀裂は発見されませんでした
  • また、事故を起こした車両を所有する北総鉄道でも、緊急点検を行っています

北総の7300系は京成の3700系の色違い。京成からリースされている車両だから、本件でまず問題視すべきは京成の3700系の車両の実態、ならびに他私鉄で使っている同型車両、特に履いている台車の現状だろ。

2016年の東武東上線・中板橋駅で発生した10000系の脱線事故、2019年まで断続的に起きていた南海電鉄の車両の破損事故。全て、今回の京成電鉄&北総電鉄の脱線事故を起こした車両と同じ旧・住友金属工業製の台車を履いていたことを、まず注目すべきだろ。

運輸安全委員会もそのあたりは当然承知しているだろうから、今は日本製鉄の一部になっているけど、旧・住友金属工業の担当部署から問題台車の納入先データくらいすぐ取れるだろ。まさか、


「新日本製鐵経由で日本製鉄になった時にデータなくしちゃった」
「同じようなSUミンデンたくさんあるから、どれが事故車両のかわかんなくなっちゃった」

なんてことは言わんだろうし。

まさかね。

台車に亀裂…事故との関係調査 京成線脱線

12日に京成線の青砥駅で発生した脱線事故で、台車に亀裂があったことが分かりました。国の運輸安全委員会は、亀裂と事故の関係などについて詳しく調べています。
この事故は、12日午前、青砥駅のホームに入る直前の電車が脱線したもので、乗客・乗員約100人にケガはありませんでした。台車の亀裂がいつ生じたのかは分かっておらず、運輸安全委員会は、亀裂と事故の関係などについて詳しく調べています。
京成電鉄では、同じ型の台車を使用する48両について、緊急点検を行いましたが、亀裂は発見されませんでした。また、事故を起こした車両を所有する北総鉄道でも、緊急点検を行っています。

(2020/6/13 日本テレビ)

ここで「【東方MMD】水着な東方少女でKiLLER LADY」を紹介。

この夏、事故が起きていいのは、プルーサイドの女の子の水着の紐だけや。それも「いやーんまいっちんぐ」程度のな。ほんまたのむで(意味深)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です