【教え子のショタ動画で小銭稼ぎな小学校教諭@徳島】性犯罪者の「趣味と実益・一石二鳥」劇場、連続摘発【出会い系の相手とのハメ撮り動画で悠々自適男@大阪】

教室で教え子の男児着替えを盗撮 41歳の小学校教諭逮捕(2019/7/31 神奈川新聞)

勤務している小学校の男子児童の着替え姿を撮影したとして、県警少年捜査課と横浜水上署は31日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで、徳島県鳴門市、小学校教諭の男(41)を逮捕した。
逮捕容疑は、7月16日午後1時25分ごろと同2時35分ごろ、勤務する同市の小学校の教室で、ともに9歳で4年生の男子児童2人の着替え中の様子をタブレット端末で動画撮影し、児童ポルノを製造した、としている。
署によると、同容疑者は被害児童1人の担任という。調べに対し、容疑を認めている。県警のサイバーパトロールで発覚した。同容疑者が、インターネット掲示板で男の子のわいせつ動画を販売していた疑いもあり、県警は捜査を進める。

「趣味と実益、一石二鳥」出会い系で知り合った女性との性行為盗撮 ネット配信の男逮捕(2019/7/31 神戸新聞)

出会い系アプリで知り合った女性との性行為を盗撮し、インターネット上で有料配信したとされる事件で、兵庫県警人身安全対策課と西宮署などは31日、わいせつ電磁的記録陳列とリベンジポルノ防止法違反の疑いで大阪市中央区の無職の男(30)を再逮捕した。動画を200本以上を配信し数千万円の利益を得ていたとみられ、「趣味と実益を兼ねて一石二鳥だった」などと話しているという。
再逮捕容疑は、大阪市内のホテルで、奈良県の女性(23)や大阪市の女性(21)との性行為をそれぞれ盗撮し、4~5月ごろにその動画計2本を投稿サイトに投稿して公然と陳列した疑い。容疑を認めている。
同課によると、撮影用のスマートフォンを仕込んだ絵画を客室に持ち込み、壁に掛けて盗撮していた。大学時代にアルバイト先の更衣室などで盗撮をするようになり、ネットでわいせつ動画を視聴していて、自分が盗撮した動画の投稿を思い付いたという。
顔にモザイク処理などをすると「動画の人気が落ちるので、割り切って自分の顔も出していた」という内容の供述をしており、得た金は高級服の購入などに充てていたという。投稿による収入が増えたことから、今年に入り勤務先を退職していた。
男は7月11日、別の20代女性との性行為を盗撮し、ネット上で公開したとして兵庫県警に逮捕されていた。県警は他にも複数の被害者がいるとみて調べる。投稿した動画は既に削除されたという。

「…ゲスの極みですね」

特に小学校教諭の方。貴方には、「変態」と「犯罪者」に加えて「許されざる裏切者」の称号を与えましょう。それは大阪のハメ撮り男の「開き直る卑怯者」よりも罪深い称号。貴様にはそれがお似合いだ。

ここで「ココロジョジョル第5部」を紹介。

徳島の裏切者も大阪の卑怯者も「彼ら」の叫びの前に平伏せよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です