「スター☆トゥインクルプリキュア」第22話「おかえり、お父さん!星奈家の七夕☆」感想 ~ 「再びUMA探索の冒険に出かける前に!星奈家の絆の為に!家族よ!私は帰って来た!!」

蒼ざめたララ@CV小原好美女史を 見つめる明夫(仮)

今 全てを 捨てる時が来た

星奈陽一パパン@CV大塚明夫氏「きらヤバ~!!」「…バトーさん」「少佐、こっちです」

想い出す事も 悲しむ事も
許されずに 闘い続ける


ユニ@CV上坂すみれ女史「だが、美味しいところは持っていく!」

今日で命が 燃えつきるとしても

星奈春吉爺様@CV小形満氏「JCプリキュアの膝の上なら逝って悔いなし」(言ってねー)

それでも人は 明日を夢見るものか
それが 運命(さだめ)でも
“I WANNA GET A CHANCE”


満天の宇宙(そら)に 紡がれる想い

未来は誰のためにある

結びつく宇宙(せかい)
紡がれる想い
選ばれし者 PRECURE OF DESTINY

香久矢まどか嬢@CV小松未可子女史のセリフから察するに、星奈陽一パパンと香久矢冬貴パパン@CV成田剣氏の間に何かしらの因縁もありそう。

「父が言っていました。星奈家の方々とはソロモンやア・バオア・クー以来のご縁だと」

うーん、ちょっと違うかなー。でも、絶対何かあるぜ。きっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。