【知名度があることと集票力があることは】「変わり身と逃げ足の速さに定評がある」中田宏、自民参院比例代表で出馬へ【別の話】

このエントリーを書いてから、早4年かあ。

【変わり身と逃げ足の速さは一流】中田宏が次世代の党を離党【言い訳スキルは三流】(2015/2/21)

石原慎太郎は引退、園田博之とアントニオ猪木は一足早くトンズラ、田母神俊雄は事務所の使途不明金問題やらなんやらでアップアップ。平沼赳夫や松沢成文らは健在だが、ジリ貧な党勢を盛り返すだけの力は既に無い。そんな次世代の党から「日本一のコウモリ野郎」中田宏が逃げ出すのは、必然的な流れだったと言える。

それはさておき。

今回の離党に至る背景事情。その真相は分からない。分からないけど、分からないなりに、中田が次世代離党に際して発したコメント、

「しばらく選挙と政党から距離を置いて、社会活動に重きを置きたい」

こいつについてだけは、流石にこういう気分になっちゃうね。

政界風見鶏で保身ゲームやってる分は生暖かくスルーできるけど、よりにもよって「社会活動したい」ですか。「開国博Y150」とゴミ処理問題で適当ぶっこいた施策を強行して、横浜市市民に迷惑かけまくった人間が、よくこんなことを言えたもんだな。なあ「みどり税」の元凶の人。

今度は何だ? カジノ利権に代わる藤木幸夫への貢物ネタを、「選挙と政党から距離を置いて」個人的に、どっかで仕入れる見込みでもできたのか?。要注意、要注意。

次世代の党を「劣化版自民党」に変質させ弱体化させた張本人の一人が中田だと、一連の騒動から4年たって確信しているおいら。故に、中田が生来のコウモリ気質と相俟って自民党にすり寄るのは、ごく自然な流れだと理解できる。


「尊敬なんて欠片もしてあげないけどね」

マジメな話、この報を聞いた横浜市民やかつての次世代の党支持者はどう思っているんだろう?「よっしゃ!知らない仲でもないし中田に1票入れてやるか!」って思えるんだろうか?おいらだったら無理だね。

元横浜市長の中田宏氏、自民参院比例代表で出馬へ

自民党が夏の参院選比例代表で、元横浜市長の中田宏氏(54)を擁立する方向で調整に入ったことが4日、分かった。中田氏は周囲に出馬の意向を伝えている。複数の党関係者が明らかにした。
自民党選対幹部によると、出馬は中田氏側の希望という。
中田氏は平成5年衆院選旧神奈川1区で日本新党から出馬し、初当選。衆院議員を3期務めた後、14~21年に横浜市長を務めた。
24年衆院選で日本維新の会から出馬し、4期目の当選を果たしたが、26年に落選後はテレビ出演などをしていた。安倍晋三首相に近い山田宏防衛政務官とは盟友関係にある。
自民党は今回の参院選で、比例代表に旧民主党出身者も含め積極的に擁立することで票の上積みを図っている。党幹部は「一定の知名度がある中田氏は票を稼いでくれる」と期待を寄せている。

(2019/4/5 産経新聞)

ここで「【アイドル部】HotelMoonside【MMD】」を紹介。

「自民党は今回の参院選で、比例代表に旧民主党出身者も含め積極的に擁立することで票の上積みを図っている」。「昔は有名でしたオールスターズ」が「アイドル部in自民党」に自律進化するわけじゃないんだぜ。ただの取り扱い注意な時限爆弾が増えるだけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です