花角英世@新潟県知事が「新潟県はNGT48との広告契約の更新を保留する」宣言

そりゃそうだろ。一私企業のオーナーが自分の趣味と判断で、会社の金を地元アイドルにつぎ込むのとはわけが違う。

畏くも一県の知事が、「80年代に『おニャン子クラブ』で秋元康流キャバクラ商法の洗礼を受けていない若いヲタを」「『大相撲では序二段から応援するのが通のタニマチっていうでしょ?アイドルの卵を応援するファンも同じですよ』と洗脳し」「ここ20年で弱体化したCD業界やTV業界を丸め込み」「総選挙や握手券ビジネスなどで80年代より効率的に洗脳済みヲタから搾取するシステムを確立する一方」「所属タレントの管理体制やフォロー意識は昭和30~40年代のヤクザ事務所よりも劣後していることが3/22の会見で決定的に露見した」AKSへ新潟県民の税金を投入できるわけないやん。

加えて、自分たちの化けの皮が剥がれて、ドルヲタやギョーカイ筋だけでなく一般大衆にも自分たちの正体が晒されたことに、AKSやNGT48運営連中が少しでも反省しているならまだしも、どうもそういう雰囲気ではないらしい。

「巷で噂になっているけど」
「新元号祭りのドサクサにまぎれてNGT48は解散。潔白組と暗黒組に分けて身内のグループに引き取らせる一方、山口真帆女史は強制卒業に追い込むなんて外道をやらかしたら」
「AKB一派は間違いなくお終いね」

まさかやらないよね。そんなド外道なこと。いくら山口女史への逆恨みで逆上している三下ヤクザや業界ゴロでも。

もっとも、仮に超弩級悪逆非道プランを実行しようとしても、件の12名を含む暗黒組を喜んで引き取ろうなんて酔狂者が、AKB一派はおろか今の芸能界に存在するとは思えないけど。

新潟県、NGT48との契約更新を保留 国民文化祭でのサポーター役

新潟県を拠点に活動しているアイドルグループ「NGT48」メンバーの山口真帆さん(23)への暴行事件を機に同グループの運営体制に批判が集まっている問題で、同県の花角英世知事は27日の記者会見で「いろいろな反応を見極める必要がある」として、9月に県内で開幕する「国民文化祭」「全国障害者芸術・文化祭」でのスペシャルサポーター契約の更新を保留すると表明した。
県は昨年7月、NGT48と今年3月末までの契約でスペシャルサポーターに委嘱。メンバーが出演するPR動画やポスター、パンフレットを作製し、文化祭の周知に努めてきた。契約が更新されなければ、PR動画は31日で削除。NGT48もスペシャルサポーターを名乗れなくなる。県文化振興課は「『新潟のイメージダウンにつながる』といった声が県民に多いことも考慮に入れた」としている。
NGT48を巡っては山口さんが昨年12月、自宅に押し掛けた男性ファン2人から顔をつかまれるなどの暴行を受けたとツイッターなどで告白。運営会社のAKS(東京都)は今月22日に第三者委員会の結果を受けた記者会見を行ったが、会見中に山口さんが「なんで嘘(うそ)ばかりつくんでしょうか」などと投稿し、運営体制に批判が相次いでいた。【堀祐馬】

(2019/3/27 毎日新聞)

ここで「秀知院学園の天才ガール」を紹介。

アイドルは万のファンに愛されてナンボ。一部の太客の寵とカネが欲しけりゃお水の方に行きなされ。それで丸く収まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。