米政府高官「開城工業団地の再開?北朝鮮が完全非核化するまで認めるわけねーじゃん」

これはまあ、米国から南北朝鮮への警告としては当たり前すぎるほど当たり前だが、

高官は、完全な非核化に先立ち国際的な制裁の緩和を期待できると北朝鮮は考えるべきではないと強調。その上で「産業施設の再開は恐らく国連安全保障理事会の一連の制裁決議に違反する」と指摘し、韓国を含む各国が決議と矛盾する措置を取ることは想定していないと語った。

韓国を含む各国が決議と矛盾する措置を取ることは想定していないと語った。

釘を刺されてしまいましたなあ、文在寅@韓国大統領。奇しくも、北朝鮮が第2回米朝首脳会談@ベトナムが決裂した責任を米国に擦り付けた当日に。北朝鮮の瀬取り監視に英仏両国が参加するとの報道がなされたその日に。

「これで大人しくなるキャラなら少しは可愛げもあるんだけど、そういう小賢しさすら期待するのは無駄かしらね。文在寅には」

むしろ「そうあれかし」。中途半端は良くないからな、何事も。AMEN。

開城団地の再開認めず=北朝鮮の完全非核化まで-米政府高官

米政府高官は8日、東京都内で一部記者団と懇談し、北朝鮮南西部・開城の工業団地再開について「最終的で完全に検証された北朝鮮の非核化がない限り、議論するにはまったく早過ぎる」と述べ、否定的な見解を示した。
韓国は、南北経済協力事業である金剛山の観光事業や開城工業団地の再開を目指している。高官の発言は、経済協力の停止も強力な制裁の一環であり、再開には完全な非核化が必要だという米トランプ政権の立場を明確にした形だ。
高官は、完全な非核化に先立ち国際的な制裁の緩和を期待できると北朝鮮は考えるべきではないと強調。その上で「産業施設の再開は恐らく国連安全保障理事会の一連の制裁決議に違反する」と指摘し、韓国を含む各国が決議と矛盾する措置を取ることは想定していないと語った。

(2019/3/8 時事通信)

ここで「ちえりスウィーティオ」を紹介。

「誘われ攻め上手」ってキャラでもないしなあ。文大統領閣下。これからも肝心なところで空気読めずに自滅する未来図しか頭に浮かばない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です