【出すべきデータは出した】海自P1哨戒機への火器管制レーダー照射問題、防衛省が最終見解公表&韓国との協議打ち切りへ【あとは世界の軍事専門家に白黒つけてもらおう】

ぶっちゃけ、防衛省も暇じゃないんだから、いつまでも韓国政府・軍関係者のコロコロ変わる言い訳劇場に付き合ってられない。今日公表したこの声明文とデータで「打ち切り」宣言するのも一つの選択肢。

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について(2019/1/21 防衛省)

昨年12月20日(木)に発生した韓国海軍駆逐艦から海上自衛隊第4航空群所属P-1哨戒機(厚木)への火器管制レーダーの照射された件について、日本側が有する客観的事実を取りまとめた防衛省の最終見解及び本件事案発生時に同機が探知した音を公表することとしました。
防衛省としては、韓国駆逐艦による海自P-1哨戒機への火器管制レーダー照射について、改めて強く抗議するとともに、韓国側に対し、この事実を認め、再発防止を徹底することを強く求めます。更に、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。
本公表が、同種事案の再発防止につながることを期待するとともに、引き続き、日韓・日米韓の防衛協力の継続へ向けて真摯に努力していく考えです。

案の定、韓国は想定内の逆ギレリアクションをダダ漏らしているけど、もう勝手に言わせとけ。ただ、この記事のこの部分には流石にカチンと来たので、備忘録的に一筆。

韓国、協議打ち切りに遺憾表明 「新証拠」に反発(2019/1/21 共同通信)

哨戒機が探知したレーダーの電波を音に変換した記録を日本が新たな証拠として公開したことについて声明は、韓国が要求してきた「探知日時や方位、電波の特性などが全く確認できず、実体が分からない機械音だ」と批判し、反発した。

その手の情報を表に出してもよいが、出してもよろしいのか?

普通、この手のデータは当事者間で相互に突き合わせて検証するもんだろ。防衛省は防衛省サイドとして出せるデータを出すって言ってきたんだから、そっちでそれを検証するデータを出してくれればすむ話だったろ。本来は。なのに、これまでの両国間実務者協議で「軍事機密だから出せません」とデータの突き合わせを拒否し続けてきたのはどこのどなたさまでしたっけ?

いいかげん道理をわきまえろよ。韓国政府の偉いサン連中は。

レーダー照射、協議継続は困難 防衛省が最終見解、韓国に抗議

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題で、防衛省は21日、最終見解を明らかにした。哨戒機が照射を受けた際に探知したレーダーの電波を音に変換した記録を新たな証拠として公開。改めて韓国側に強く抗議し、照射の事実を認め、再発防止を徹底するよう要求した。実務者協議に関し「真実の究明に至らないと考えられ、韓国側と続けることはもはや困難と判断した」と表明し、協議の打ち切りを示唆する異例の対応を取った。
一方で、防衛省は日韓、日米韓の防衛協力について「極めて重要で不可欠との認識に変わりはない」と指摘した。

(2019/1/21 共同通信)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です