【県から市町村への実施勧告】米軍基地移設を巡る県民投票が沖縄県を分裂させている責任の半分は玉城デニーの「軽挙妄動」【基地移転に無関係でもカチンとくる】

自分が市町村にやっている「実施勧告」は、政府が沖縄県にやっている「基地移転要請」以上に高圧的で反発を生む行為だってことが分かってないのかねえ。

どういう結果が出るにしろ、全県で実施しなければその正当性は損なわれるのにね。県民投票って奴は。玉城デニーの根回し下手は致命的。

辺野古の県民投票、沖縄市長も「実施せず」 2市に続き

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票(2月24日投開票)について、沖縄市の桑江朝千夫(さちお)市長は7日、実施しない意向を表明した。首長が実施しないと表明したのは宮古島市、宜野湾市に続き3例目。
市議会で関連予算が再議を含めて2度否決されていた。桑江市長は会見で「(県民投票の選択肢を)○か×かの2択としたことが間違い。政治家としての思いと、議会の2度にわたる否決を尊重して、この考えに至った」と述べた。
沖縄市の有権者数(昨年9月30日現在)は10万9019人。那覇市に次いで県内で2番目に多い。県民投票条例を直接請求した市内の有効署名数は6795筆。桑江市長は市民の投票権がなくなることについて「残念だが、議会の否決の上での判断だ」と話した。
また宜野湾市の松川正則市長は7日、実施しない意向に変わりない考えを記者団に示した。実施するよう勧告した県に対し疑問点を照会しており、9日に最終結論を出す。
一方、県内全市町村での実施を求める若者らは7日、市長が実施しないと表明したり、態度を決めていなかったりする市の庁舎前で、実施を呼びかけた。(伊藤和行)。

(2019/1/7 朝日新聞)

ここで「[MAD] ZOMBIE LAND SAGA」を紹介。

そこいくと、佐賀県は足並み揃っているよなあ。少なくともこの分野に限っては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です