【正月は冥土の旅の一里塚】松本晃、2019年元旦にRIZAPグループの代表権を返上【同社の末路にコミット】

【営業損益予想は230億円の黒字から】コミットした結果のリバウンドに定評があるRIZAP、2019年3月期の業績予想を下方修正【33億円の赤字へ急降下】(2018/11/14)

「いやあ、誰かサンを怒らせた反動というか反撃はデカくてエグイねえ」

そして、今日トドメの一発。それも相当意味深なタイミングでの一撃。

RIZAPの古参幹部連中は、自分たちの「終活」を考え始めた方がいいかもな。いっぱしの経済人として、腹を括って。

RIZAPグループ、松本氏が代表権返上へ

減量ジムなどを手掛け、経営再建中のRIZAPグループで、構造改革担当の松本晃代表取締役が、来年1月1日付で代表権を返上する方向で最終調整していることが27日、分かった。業績を下方修正し、赤字転落したことなどの経営責任を明確にする。
松本氏はこれまでの積極的なM&A(企業の合併・買収)路線に関し「買収した中に、ビジョンと合わない会社もある」として、見直すべきとの認識を示してきた。今後は本社のスリム化や子会社の統廃合、売却など、厳しい構造改革を進めるため、まず自らの責任を明確にする必要があると判断した。
松本氏は今年6月までカルビーの会長を務め、業績を急回復させるなど「プロ経営者」として知られる。その後、RIZAPグループの瀬戸健(たけし)社長が取締役最高執行責任者(COO)として迎え入れた経緯がある。

(2018/12/27 産経新聞)

ここで「【MMD】電脳少女シロとアイドル部で[A]ddiction【.LIVE】」を紹介。

いっそ以下略>明日以降のRIZAP。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です