「ユダヤ好きトランプ」信奉者(自称)の爆弾テロ騒ぎの次は、「ユダヤ教徒死すべし」主義者(自称)がピッツバーグのシナゴーグで銃を乱射。死傷者多数

【悪事をするなら】米国リベラルセレブを狙った連続パイプ爆弾事件は「トランプ痛車を乗り回していたトランプマッチョ思想の信奉者」シーザー・セヨク56歳【痛車はおよしよ】(2018/10/27)

「民主党・リベラル陣営の情報戦担当が、共和党内のハネッカエリを裏から援助して、同党やトランプへの逆風にしかならないバカお騒ぎを中間選挙直前に起こさせた可能性も微レ存」

あくまでも微レ存だけどね。

昨日こう邪推した翌日にこれですよ。米国の偉い人というより米国民は、どこまで本気で計算と牽制と憎悪と偏見のぶつけ合いをやっているのか。あるいは、

「どこまで都合よく混乱と混沌を欲する者に振り回されているのか」

混迷の極みにあるように見えて、妙に調律が取れているように見えるんだよなあ。今の米国社会の対立構造。タクトを振っている奴のご尊顔を是非とも拝見したい。

米のユダヤ教礼拝所で乱射、8人が死亡か 容疑の男拘束

米ペンシルベニア州ピッツバーグのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)で27日朝、銃乱射事件が発生した。米メディアは、「少なくとも8人が死亡した」と伝えている。このほかに負傷者もいる模様。容疑者との銃撃戦の結果、警察官3人が撃たれたという情報もある。容疑者は白人の男で拘束されたという。
地元放送局によると、男はシナゴーグに入った際、「すべてのユダヤ教徒は死ななければならない」と叫んだ、との情報があると伝えた。
現場周辺はユダヤ教徒が多く暮らすエリア。襲撃されたシナゴーグでは当時礼拝が行われていたという。
トランプ大統領は同日、「事態を注視している。多くの死者が出たようだ。神の御加護を」とツイートした。(ニューヨーク=金成隆一)。

(2018/10/28 朝日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。