【やらかしたのは】「特定の証券会社から通常の1000倍の電文データ」を送られた東証、システム障害起こして大混乱【何処だ?】

証券会社によるシステムの誤った設定が原因だということですが、どの証券会社かについては明らかにしませんでした。

東証のサーバに直接アクセスできて、さらにダウンさせられるだけの情報を送れる大手証券の数なんて、両手の指で足りる。つまり、明日のリアクションやら何やらを見れば、数日もあれば兜町の人間じゃなくても「やらかし証券」の特定は余裕。黙っている意味あるか?>東証。それとも、

「やらかした証券会社が自発的に懲罰人事を発表するまで待つ気とか?」
「嗅ぎつけた週刊誌が自発的に真相をバラしてくれるのを待つ気とか?」

「バレるなら それまで待とう JPX」

東証でシステム障害、原因は「特定の会社から1000倍データ」

東京証券取引所のシステムに障害が起き、一部で取引ができなくなった問題で、東京証券取引所は、特定の証券会社から誤って送られてきた大量のデータが原因だったと明らかにしました。
「特定の参加者から大量の電文が送られてきた」(日本取引所グループ 横山隆介 常務)
この問題は9日午前、東京証券取引所のシステムの一部に障害が発生し、大手証券会社が扱う株式や上場信託など一部の取引ができなくなったものです。
日本取引所グループは記者会見を行い、「特定の証券会社から通常の1000倍以上の通信データが送られたことが原因だった」と説明しました。証券会社によるシステムの誤った設定が原因だということですが、どの証券会社かについては明らかにしませんでした。
10日にはシステムを復旧できる見通しですが、再び大量のデータが送られてきた場合、同様の障害が起きる可能性があるということで、市場に不安が広がっています。

(2018/10/9 TBS)

1 個のコメント

  • やらかしたのはメリルリンチ日本証券

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181009-OYT1T50048.html

    「9日午前7時半頃、東証と証券会社をつなぐ4系統のサーバーの一つで、発注ができなくなった。関係者によると、メリルリンチ日本証券が、通信状況を確認するために毎朝送るデータを、この日は数秒間のうちに通常の1000倍以上の量で東証のシステムに送ったことが要因だった」

    山一証券破綻の際のドタバタといい、今回の大チョンボといい、日本の証券界の歴史に確固たる傷跡を残すのに長けてるなあ。メリルリンチは。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です