【沖縄県知事選は】期日前投票の貯金と台風24号の追い風がありながら最終コーナーで脚が止まった佐喜真淳【玉城デニー@オール沖縄が勝利】

【沖縄県知事選】玉城デニー@野党をかわしつつある佐喜真淳@自公。脚は9/30までもつか?【後半戦へ】(2018/9/22)

公示日時点で20ポイントあった差を9/22の時点で2~3ポイントまで詰めて、期日前投票でタメを作って、昨日今日の台風24号で投開票日の投票率を下げてもらっていながら、蓋を開けてみれば、10ポイント以上の大差で完敗の佐喜真&自公陣営。

いやあ外れた外れた。ここまで予想を外したのはいつ以来だろう?

とりあえず、新潟と沖縄は別モノだったと言うべきか。自公陣営は後半戦のムチでどんな致命的なミスをやらかしたのか私気になります!というべきか。あるいは、故・翁長氏の弔い合戦要素を抜きにしても、

「安倍政権というか菅官房長官は、沖縄県民に嫌われ過ぎじゃろ!」

と再認識するべきか。いずれにせよ、明日の永田町は、天候も政界も大荒れだな。

沖縄知事に玉城氏=辺野古移設反対―安倍政権に打撃

沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選は30日、投開票された。
米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となり、移設阻止を掲げた前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、移設を進める安倍政権の全面支援を受けた前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選を確実にした。
政府側は知事選の結果に関係なく工事を進める構えだが、移設反対の民意が改めて示されたことで、計画に遅れが生じるのは必至。県政奪還の失敗は、自民党総裁選で連続3選を果たしたばかりの安倍晋三首相にとっても打撃で、来年夏の参院選に向け、与党内で首相への不満が強まる可能性がある。
玉城氏は30日夜、那覇市内で記者団に「辺野古に新基地を造らせないとの誓いをこれからも全うしていきたい」と述べた。
選挙戦で玉城氏は、翁長氏後継を打ち出し、「あらゆる手段で移設を阻止する」と訴えた。翁長氏を支えた「オール沖縄」勢力の後押しを受け、支持を広げた。2月の名護市長選では、共産党など国政野党が前面に出たことが地元の反発を招いたが、今回は各党が裏方に徹したことも功を奏した。
佐喜真氏は辺野古移設の是非には触れず、「対立から対話へ」を旗印に政府との協調をアピール。振興予算を呼び込み、県民生活向上を目指すと訴えた。自民、公明両党は党幹部が沖縄に常駐するなど異例の態勢で支援。菅義偉官房長官や自民党の二階俊博幹事長らも相次いで沖縄入りしたが、及ばなかった。
自民党の塩谷立選対委員長は30日夜、党本部で記者団に「厳しい結果だが、基地負担軽減を進めていく」と語った。

(2018/9/30 時事通信)

2 件のコメント

    • To 県民さん

      心中お察しします。
      オール沖縄候補という要素を抜きに一政治家としての玉城デニー新知事の力量を冷静に見れば、小沢一郎の操り人形役以外の何もないんですけどねえ。今回の知事選、選択肢自体が少なかったとはいえ、にんともかんとも。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。