「HUGっと!プリキュア」第24話「元気スプラッシュ!魅惑のナイトプール!」感想 ~ 「Fantastic future」

  • 「Fantastic future」 とは

チャラリート@CV落合福嗣氏、パップル課長@CV大原さやか女史、そして、ダイガン部長@CV町田政則氏。プリキュアに敗れ、クライアス社あざばぶ支社を辞めていった面々が、しぶとく元気に明るく立ち直っていたことに歓喜。彼らが独力で芸能事務所を立ち上げただけでなく、ブラック企業時代の呪縛から解かれ憑き物が落ちた笑顔がとても素敵だったことに感謝。そして、彼らが野乃はな嬢@CV引坂理絵女史はじめハグプリ組の友人として、光堕ち復活してくれた展開に感動。前回判明したトラウマと今回の危うい笑顔から、きっとラスト近くで心が壊れる展開があると思われるはな嬢。だけど、今回のようにステキな和解エピソードを作ってくれるスタッフなら、野乃すみれママン@CV桑谷夏子女史のような「大人な母親像」を描いてくれるハグプリなら、きっと素晴らしい未来を演出してくれるって、私信じてる!だった第24話を表現する言葉。

転じて「今回大人のナイトプールの水着回、次回若者な夏の浴衣回」「ハムハム・ハリー君@CV福島潤氏と輝木ほまれ嬢@CV小倉唯女史の恋愛描写急加速な予感!」「Fantastic future!」「野外ライブにかこつけて公衆の面前でイチャラブ大爆発かましているルールーさん@CV田村ゆかり女史と愛崎えみる嬢@CV田村奈央女史の大百合愛も加速する予感!」「Fantastic future!」「若宮アンリ君@CV染谷俊之氏と愛崎正人君@CV霜月紫氏の密かに進んでいたと思しきBL関係も超加速する予感!」「Fantastic future!」「今日判明した隠れオジコンの薬師寺さあや嬢@CV本泉莉奈女史とダイガンさんの禁断の歳の差愛もブーストがかかる激予感!!」「いやそれはないだろ」「そんなFantastic future望んでいるのは、流石に薄くて高い本ユーザーくらいだと思うぞ」「だが、それがいい」







ルールーさんの中の人が歌った「変態王子と笑わない猫。」OPのタイトルとは無関係。多分。

【オシャンなヤングにバカウケ】【そしてはな嬢は】それにしたって、外れた顎でコンクリ床をぶち割るとか、いつの80年代だよお。どこの名古屋のななちゃんだよお【途方に暮れる】
【ブラック企業あるある】【明日の月曜が祝日で】代表取締役社長ジョージ・クライ@CV森田順平氏の直接指揮のもと、ジェロス@CV甲斐田裕子女史はジェネラルマネージャーに、新キャラ・ビシン@CV新井里美女史はカスタマースペシャリストに就任。組織改編と同時にやたら横文字な肩書の役職を作る会社は以下略【良かった】

だがちょっと待って欲しい。ジェロスのお付きの後輩君に山田ルイ53世と小島よしおをあてがうというどこかの再生工場なキャスティングをかましたクライアス社は、底の底ではホワイトなのではないだろうか(混乱中)。しかし真面目な話、東アニもどういう基準でこの2人をピックアップしたんだろう?私気になります。

  • 突き抜けた水着回&ブラック企業退社組との再会ネタ&えみルーは尊い話で突っ走るかと思いきや、はな嬢の脆さと健気さ、それを無邪気に見守る仲間達、静かに優しく見守る大人二人(すみれママン&ハリー)の描写が印象に残った良エピソード。
  • 前回ジョージに、自分と対極の思想を持つオトナの姿を自信満々に見せつけられたはな嬢の「揺らぎ」。今回、ナイトプールの中に揺らぐ彼女の一挙手一投足から、その揺らぎを丁寧に描いた今回のスタッフマジ有能。
  • 今日のはな嬢の揺らぎ描写と、彼女たちプリキュアが、パップルさんら「現実を生き続ける道を自ら切り開いた大人たち」と再会した奇跡。半年後の最終決戦に際し、この2つの布石はどう活かされることになるのか。
  • そうと自覚しつつも、お預けを喰らう自分自身への恍惚と不安共に我にあり。来年1月が楽しみですね。



  • 今回のナイトプールの水着少女率の高さは深夜アニメレベル。姫プリ以前のプリキュアでは到底想像できなかった。これもまた奇跡。
  • ありがとう姫プリ。君たちが再び開けた扉はここまで大きな世界に繋がったでござるよ。




  • それはそれとして、次回予告のこの2人を観て「どう見ても恋人同士です。本当にありがとうございました」と思ったおいらは、ゲスの鑑です。めちゃHUG元気で「どうせなら手と手を取り合っちゃえよ!神社の裏でひと夏の思い出作っちゃえよ!」みんな!。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です