延岡学園は謝罪対象と事態対応の優先順位がおかしくないか? ~ 高校バスケ全九州大会の試合中に同高校選手が審判を殴打

延岡学園はテレビ長崎の取材に対して、「見ていた人たちにも不快な思いをさせて申し訳ない。審判に対しては、できるだけ早く謝罪に伺い、誠意を持って対応したい」とコメントした。

見ていた人への陳謝なんて最後の最後だろ。まずは流血するほど殴られた審判、次に相手校の選手、そして地元バスケット関係者じゃないのかい?

そもそも件の暴力選手だけど、動画を見ると、審判を殴る前に相当キツいエルボーを相手選手に見舞っとるぞ。あれも含めて、留学生選手殿に適切な指導をするのが先じゃないのかい? 見ていた人への詫びより先に。普段どっちの方角を向いて仕事をしているかバレバレやで。

延岡学園は、もうちょっとスマートに行こうよ。試合中も試合後も。

高校バスケ、強豪校の選手が審判を殴る。ファウル判定に不服、没収試合に

高校バスケットボール(第71回全九州高等学校体育大会)の延岡学園(宮崎)と福岡大大濠(福岡)の試合で、延岡学園の選手が審判に暴行する騒ぎが起きた。朝日新聞デジタルなどが、日本バスケットボール協会の話として報じた。(浜田理央 / ハフポスト日本版)
問題が起きたのは、長崎県大村市で開催された全九州大会の準決勝。ファウルをふかれた延岡学園の選手が判定に不満を示し、審判の顔を殴った。審判の男性は病院に搬送されたが、意識はあるという。
試合は没収試合となり、福岡大大濠が決勝に進んだ。
延岡学園はバスケットボールの強豪で、全国大会の常連校。全国高校総合体育大会(インターハイ)での優勝経験もある。
Twitter上には、問題の瞬間を撮影したと見られる動画が投稿され、話題となっていた。
延岡学園はテレビ長崎の取材に対して、「見ていた人たちにも不快な思いをさせて申し訳ない。審判に対しては、できるだけ早く謝罪に伺い、誠意を持って対応したい」とコメントした。

(2018/6/17 ハフポスト)

ここで「ポプテピ記念」を紹介。

ゲームは楽しくやらんとなあ(ゲス顔)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です