アサヒグループHD本社の金色オブジェin浅草が復活した件について

 「いつもそこにあるもの」がいきなりなくなるのは寂しいもので、今回の復活は無性に心に響く。ところで、

「金の炎のオブジェ」の塗り替え工事がほぼ終わり、鮮やかな黄金色がよみがえった。

f:id:kagura-may:20160403114319j:image

「あれってUNKOじゃなかったの!?」

「それも軟便ね」

 というのは冗談にしても、昔、「このオブジェはビールの泡を表現しているんだよ」って聞いていたのに、アレはガセやったんか…。「月極駐車場ってあるだろ。あれは月極会って組織が運営しているんだよ」と騙されていた幼き日以来の衝撃やで…。

アサヒ本社のオブジェ、鮮やかな金色よみがえる

 東京・下町のランドマークとして親しまれているアサヒグループホールディングス本社(墨田区)の「金の炎のオブジェ」の塗り替え工事がほぼ終わり、鮮やかな黄金色がよみがえった。

 同社によると、オブジェは、360トンの鋼材を使用して1989年に完成。長さ44メートルの「金の炎」は、浅草などを訪れる観光客らに人気だが、経年劣化で色がくすみ、10月から「化粧直し」をしていた。

 工事中はオブジェ全体がシートで覆われたため、一時的に地上から見られなくなり、同社には「工事はいつ終わるのか」といった問い合わせが約20件寄せられた。同社の担当者は「東京五輪・パラリンピックに向けて、輝きを増した姿を見てほしい」と話している。

(12月12日 読売新聞)

 ここで「小ネタ集えくすとら」を紹介。


D

日本は、平和だなあああ。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です