「イランの恋人」カタールが中東で村八分にされた件について

「まあ、なんということでしょう」「たった一日でイラン包囲網が着々と」 ~ サウジに続いてバーレーンやスーダンもイランと断交。アラブ首長国連邦はイラン大使を追放(2016/1/4)

「イスラム国による混乱の場だった中東が、たちまち昔ながらのスンニ派とシーア派の対立の場に」

「サウジはこれを一体何に使うつもりなのでしょう」

ナレーション by 加藤みどり女史(嘘)

 

米国への牽制だろ。常識的に考えて。

1年半前のは、サウジ@スンニ派とイラン@シーア派の「アラブでの恋人はどっちにするの!?」にイケメン主人公・米国が巻き込れての昼ドラ的な愛憎劇。

今回のは、地元社交界一の令嬢・サウジが、密かにライバル視している主人公少女・カタールに「イランや反サウジなテロリストの如き下層の者共に媚びを売るなんて、この淫売!スンニ派の面汚し!」と平手打ち。サウジの取り巻き連中がサウジに追随してカタールを足蹴にするという、大映ドラマ的な上流階級イジメ劇。

微妙な違いなようで、比べてみると今回の方が前回より数段怖い。心情描写的に。


とにもかくにも、見ての通り、今のカタールはまさに四面楚歌。心配心配。本当に大丈夫なのか。サッカーW杯2022年大会(そっちかい)。

サウジなど中東5カ国がカタールと断交 「テロ集団を支援」と非難

サウジアラビア、エジプト、バーレーン、アラブ首長国連邦(UAE)、イエメンの中東5カ国は5日、カタールとの国交を断絶すると発表した。5カ国はカタールがイスラム主義組織ムスリム同胞団などテロ集団を支援し、地域不安定化の原因を作っていると非難している。

国営サウジ通信(SPA)は、サウジアラビアがカタールとの国境を封鎖し、陸路、海路、空路による交通すべてを断絶したと伝えた。

同通信は、政府関係者が今回の措置について「テロと過激主義の危険から国家の安全を守るため」と説明したと報じた。

一方、カタールは、「事実の裏付けがなく」、「正当化できない」と反発している。

断交という異例の対応は、米国と緊密な関係を持つ主要なペルシャ湾岸諸国の間に生じた大きな分裂だとみられている。

今回の措置の背景には、湾岸諸国とイランとの間で深まる対立がある。サウジアラビアが出した声明は、イランが後押しする武装勢力にカタールが協力していると批判した。

5日朝にバーレーンが最初に断交を発表し、サウジアラビアが続いた。他の同盟国も次々と動いた。

バーレーンの国営通信社は、カタールが「バーレーンの安全と安定を脅かしており、内国干渉している」ことから同国政府は国交断絶に踏み切ったと述べた。

エジプト外務省は、空路と海路を通じたカタールとの交通を断ったと述べた。

アラブ首長国連邦は、カタールの外交官らに対し48時間以内の国外退去を求めた。UAE国営の首長国通信(WAM)によると、UAE政府はカタールが「テロと過激主義、宗派組織を支援し、資金を提供し、受け入れている」と非難した。

SPAによると、イエメン政府の反政府勢力「フーシ派」との戦いを支援するサウジアラビア主導の有志連合も、カタールが「テロを勢いづかせる行動」を取っており、「アルカイダやダーイシュ(過激派組織のいわゆる「イスラム国」の別称)など」の集団を支援し、「反政府勢力とつながりを持っている」として、カタールを連合から排除した。

断交の決定はいきなりだったが、カタールと周辺諸国の緊張は数年前から高まり続け、関係は特に数週間前から悪化していた。

(6月5日 BBC)

ここで「【東方MMD】東方のかわいい!「好き!雪!本気マジック」」を紹介。


D

東方はこんなにかわいいのに、どうして中東はそんなにおっかないの?(意味不明)

 

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。