「弾けねえ楽器はただのオモチャだ」 ~ 純金14kgを使った黄金製バイオリン、大阪心斎橋の「ギンザ・タナカ」で展示中

 楽器としての機能性を持たせながらのゴージャス仕様ならともかく、形だけ再現したってだけじゃあなあ。

f:id:kagura-may:20150426144613j:image

「そんなハリボテでは、百合の小道具にも使えませんわ」

 これと比べれば、007の「黄金銃を持つ男」で出てきたオモチャ的黄金銃の方が数倍美しい。

純金14キロのバイオリン、大阪で展示 でも演奏は…

 純金14キロを使ってできたバイオリンが、大阪・心斎橋の貴金属店「ギンザ・タナカ」で展示され、人目を引いている。28日まで。

 名器ストラディバリウス型のバイオリンを手本にグループ会社が製作。金工芸職人が純金の板をたたいて曲線美を再現し、何度も磨いて輝きを増した。

 長さ60センチ、幅21センチ。弦も本物を張るなど作りは忠実だ。ただ、強度が足りず演奏はできないという。非売品だが、金は1億5千万円相当。40代主婦は「見てるだけで十分やわ」。 

(8月28日 朝日新聞)

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。